[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松島幸太朗、トライ王を「狙っていきたい」 1差福岡堅樹と日本人2人が白熱の頂上争い

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。躍動したのは日本が誇る2人のスピードスターだ。WTB松島幸太朗が前半17分に今大会5トライ目を決めると、初先発のWTB福岡堅樹が前半39分、後半2分と立て続けにトライ。今大会のトライ王を日本人2人が争っている。

前半17分、トライを決めた松島幸太朗【写真:石倉愛子】
前半17分、トライを決めた松島幸太朗【写真:石倉愛子】

松島が5トライでトップ、3戦連続の福岡は4トライで続く

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。躍動したのは日本が誇る2人のスピードスターだ。WTB松島幸太朗が前半17分に今大会5トライ目を決めると、初先発のWTB福岡堅樹が前半39分、後半2分と立て続けにトライ。今大会のトライ王を日本人2人が争っている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 横浜に詰め掛けた6万7666人のファンを酔わせた。まずは松島だ。0-7の前半17分、福岡からのパスを受けると中央にトライ。反撃の狼煙となる一撃は、今大会トップタイの5トライ目。ボールを高く放り投げ、感情を爆発させた。「パフォーマンスです」とにやりと笑った14番。「今週はインサイドサポートが大事で、チャンスがあると。そこを実際に実行できた」。狙い通りのプレーだった。

 続いたのは福岡だ。松島のトライもアシストしたが、今度は前半39分。左サイドを駆け上がって3試合連続のトライでリードを広げると、後半2分のプレーが圧巻だった。自陣でターンオーバーし、持ち味のスピードでぐんぐん加速。相手を置き去りにし、中央に飛び込んだ。

「自分自身が今回初スタメンとして、本当に勢いを与えるプレーを目標にやってきたので、それができたという意味では本当によかった。本当にたくさんの声援が自分たちの力になった。みんなに感謝の気持ちを伝えたい」

 殊勲の2トライでプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された27歳は喜びをかみしめた。これで今大会4トライ。トップの松島とは1差でランキング3位タイの数字だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集