[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“小国”ナミビア、釜石中止で歴史的1勝の夢持ち越し 今大会奮闘で日本ファン魅了

ラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会は13日、同日に予定されていたB組最終戦のカナダ―ナミビア(12時15分・釜石)の中止決定を発表した。この結果、両国は0-0の引き分け扱いとなり、ともに勝ち点2が与えられた。

最終戦中止となったナミビア【写真:Getty Images】
最終戦中止となったナミビア【写真:Getty Images】

過去22戦未勝利、6大会目で初勝利目指すも今大会は叶わず

 ラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会は13日、同日に予定されていたB組最終戦のカナダ―ナミビア(12時15分・釜石)の中止決定を発表した。この結果、両国は0-0の引き分け扱いとなり、ともに勝ち点2が与えられた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 過去22戦未勝利。6大会目の出場でナミビアはW杯初勝利を目指していたが、今大会の実現は持ち越しとなった。1次リーグはイタリアに22-47、南アフリカに3-57、ニュージーランドに9-71と3連敗を喫していたが、前戦のニュージーランド戦は3連覇を目指す王者に前半途中1点差と善戦を演じ、観客を大いに沸かせていた。チームはフルタイムの会社員に加え、大学生などチームの6~7割はノンプロ。本業の傍らで競技に打ち込んでいる選手も多い。

 そんな環境下でもひたむきにプレーする姿は日本のファンからも注目を浴びていた。ニュージーランド戦後は釜石で行われる最終戦について、主力選手のSHスティーブンスは「日本のラグビー界において伝統の場所と聞いている。楽しみにしている」と語り、歴史的1勝を目指していたが、ピッチで戦うことは叶わなかった。3連敗中だったナミビアとカナダはともに勝ち点2で並んだが、得失点差により、ナミビアの4位、カナダの5位が決まった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集