[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国際統轄団体「最優先は皆さまの安全」 13日試合は「朝に開催可否を判断」と再確認

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は台風19号の影響で、12日に開催予定だった2試合を大会史上初の中止とした。今年最大級の台風は関東地方を直撃する予定で、13日に開催予定の試合への影響も懸念されるが、国際統轄団体のワールドラグビーは12日、再び声明を発表。13日の開催については「台風通過後に会場を調査し、早急に判断を発表する」とした。

13日にスコットランド戦が予定されている日本代表【写真:荒川祐史】
13日にスコットランド戦が予定されている日本代表【写真:荒川祐史】

13日は4試合を開催予定「台風通過後、可能な限り迅速にスタジアムの状態を調査」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は台風19号の影響で、12日に開催予定だった2試合を大会史上初の中止とした。今年最大級の台風は関東地方を直撃する予定で、13日に開催予定の試合への影響も懸念されるが、国際統轄団体のワールドラグビーは12日、再び声明を発表。13日の開催については「台風通過後に会場を調査し、早急に判断を発表する」とした。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 13日には、ナミビア対カナダ(12時15分・釜石)、アメリカ対トンガ(14時45分・花園)、ウェールズ対ウルグアイ(17時15分・熊本)、日本対スコットランド(19時45分・横浜)の4試合が予定されている。このうち、釜石と横浜の2会場で台風の影響を大きく受けると見られている。ワールドラグビーは10日に記者会見を行い、13日の試合については当日朝判断するとしていたが、この日の声明でも再び、その決定を強調した。

「我々が最優先に考えるのは、皆さまの安全を守ることです。台風が過ぎた後、可能な限り迅速に会場となるスタジアムの状態を調査し、当日(13日)朝に開催の可否を判断後、早急に最新情報をお伝え致します。ファンの皆さんは引き続き、本日は外出せずに安全を確保し、大会公式サイトやSNSをご覧になって下さい」

 ワールドラグビーは10日の記者会見で、13日の試合は開催予定だが延期はしない方針を発表している。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集