[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカHC、混戦A組どこが来ても万全対策 「3チーム全ての対策を立てる」と自信

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はいよいよ、13日に1次リーグ最終日を迎える。19日から始まる決勝トーナメントに出場できるのは各組上位2チームで、B組は1位ニュージーランド、2位南アフリカ、C組は1位イングランド、2位フランスと順位が確定。すでに全4戦を終えている4チームは対戦相手の決定を待ちながら今週末を過ごす。

南アフリカのラッシー・エラスムスHC【写真:Getty Images】
南アフリカのラッシー・エラスムスHC【写真:Getty Images】

混戦模様のA組は日本、アイルランド、スコットランドに8強の可能性

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はいよいよ、13日に1次リーグ最終日を迎える。19日から始まる決勝トーナメントに出場できるのは各組上位2チームで、B組は1位ニュージーランド、2位南アフリカ、C組は1位イングランド、2位フランスと順位が確定。すでに全4戦を終えている4チームは対戦相手の決定を待ちながら今週末を過ごす。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 B組2位の南アフリカは、20日にA組1位と東京スタジアムで対戦する。だが、開幕前の予想を上回る混戦模様のA組は、10日現在、日本、アイルランド、スコットランドの3チームが決勝進出の可能性を残している。順位も確定しないままだが、ラグビーW杯公式サイトによると、南アフリカのラッシー・エラスムス・ヘッドコーチ(HC)は、過去の反省を元に3チーム全てに対応ができるよう準備を進めるという。その「過去の反省」とは……。

 2011年に行われたニュージーランド大会。D組1位通過を決めた南アフリカは、準々決勝でC組2位と対戦する予定だった。C組にはオーストラリア、アイルランド、イタリア、アメリカ、ロシアがおり、当時の実力を考えても「誰もがオーストラリアが1位通過するものだと思っていた」という。だが、1次リーグでアイルランドがオーストラリアに15-6で勝利する波乱が起き、1位アイルランド、2位オーストラリアとなった。

 当時、南アフリカのサポートスタッフだったエラスムスHCは「2011年のことは忘れもしない。我々は特定のチーム、つまりアイルランドについて徹底準備していたが、実際に準々決勝で対戦したのはオーストラリアだったんだ」と苦笑いで振り返ったという。苦笑いするのも当然だ。オーストラリアに対する準備が不十分だった南アフリカは9-11で敗れ、連覇を逃した。エラスムスHCは「我々は2度と同じ過ちは繰り返さない」と断言。今回は「3チーム全ての対策を立てる」と抜かりない準備を進めると話したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集