[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、スコットランド戦勝利なら優勝可能性も… 過去8大会V国に例外なしのデータは?

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はいよいよ、13日に1次リーグ最終日を迎える。19日からは決勝トーナメントがスタート。すでにB組では1位ニュージーランド、2位南アフリカ、C組では1位イングランド、2位フランスと順位が確定。D組はウェールズとオーストラリアのベスト8入りが決まっており、混戦のA組は日本、アイルランド、スコットランドが2枠を争う。

全勝突破がかかる日本は13日、スコットランドと激突する【写真:荒川祐史】
全勝突破がかかる日本は13日、スコットランドと激突する【写真:荒川祐史】

台風19号の影響大、4戦全勝通過の可能性は日本とウェールズのみ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はいよいよ、13日に1次リーグ最終日を迎える。19日からは決勝トーナメントがスタート。すでにB組では1位ニュージーランド、2位南アフリカ、C組では1位イングランド、2位フランスと順位が確定。D組はウェールズとオーストラリアのベスト8入りが決まっており、混戦のA組は日本、アイルランド、スコットランドが2枠を争う。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ベスト8入りする6チームが決まったこともあり、ファンの間で活発に議論されているのは、優勝の行方だ。ニュージーランドが史上初の3連覇&最多4度目の優勝を飾るのか。南アフリカが3大会ぶり3度目の頂点に立つのか。今大会での戦いぶりも合わせ、予想は大きく割れているのではないだろうか。

 そこで、過去8大会を振り返ってみると、優勝国にはある共通点が見出せる。それは「1次リーグを全勝で1位通過している」という点だ。黒星も引き分けもない、全勝での1位通過だ。

 1敗しながら1次リーグを1位通過したチームは、過去2例ある。1999年のウェールズと2015年の南アフリカだ。1999年のウェールズは、1次リーグでサモアに31-38で敗れたが、アルゼンチンと日本に勝利して1位通過。準々決勝ではオーストラリアと対戦し、9-24で敗れた。2015年の南アフリカは、ご存じの通り、日本に32-34で敗れ、3勝1敗でスコットランド、日本と並ぶも、勝ち点により1位通過。準々決勝ではウェールズを下し、準決勝でニュージーランドに18-20で負けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集