[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

退場カナダ選手、相手ロッカーで“男気謝罪”に日本ファンも感銘「子どもに見せます」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、B組でカナダは南アフリカに7-66で完敗。開幕3連敗となったが、試合後に海外ファンを驚かせる粋なシーンがあった。試合中に危険なタックルで退場処分となった選手が南アフリカのロッカーを訪問。直接謝罪をすると、相手選手から拍手が送られ、歓迎された。実際のシーンを大会が動画付きで公開して絶賛の声が上がっていたが、反響は拡大の一途。日本人ファンからは「勝ち負けより大切な事」「美しくて涙でます~」との声が上がっている。

退場処分となったジョシュ・ラーセン(中央)だったが、試合後にノーサイドの精神を見せた【写真:Getty Images】
退場処分となったジョシュ・ラーセン(中央)だったが、試合後にノーサイドの精神を見せた【写真:Getty Images】

ラーセンの行動を大会日本語版SNSも紹介「どっちも素晴らしい。感動した」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、B組でカナダは南アフリカに7-66で完敗。開幕3連敗となったが、試合後に海外ファンを驚かせる粋なシーンがあった。試合中に危険なタックルで退場処分となった選手が南アフリカのロッカーを訪問。直接謝罪をすると、相手選手から拍手が送られ、歓迎された。実際のシーンを大会が動画付きで公開して絶賛の声が上がっていたが、反響は拡大の一途。日本人ファンからは「勝ち負けより大切な事」「美しくて涙でます~」との声が上がっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 その潔さは日本人の心も打った。試合後、南アフリカのロッカールームを訪れたのは、LOジョシュ・ラーセンだ。前半36分、LOジョシュ・ラーセンが密集で行ったタックルが危険とされ、レッドカード。失意の表情でピッチを去ることになった。幸い、怪我人は出なかったが、スポーツマンとして思いを伝えたかったのだろう。ロッカールームの入り口に立ったラーセンは手を挙げ、神妙な面持ちで話し始めた。

「謝りたいんです。面と向かって謝罪しに来ました」と動機を説明し、謝った。さらに「今大会の成功を祈っています」と勝者にエールを送ったのだ。すると、ラーセンの思いに応えたのは南アフリカ側だった。歓声とともに大きな拍手。さらに1人の選手は「乾杯しようぜ」と言わんばかりにビールのような飲み物を手渡し、チャージを受けたデュトイも握手を求めた。なんとも心が温まるようなシーンだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集