[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチン、決勝Tの可能性が消えても最高のモチベーションで戦えた理由

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールCではアルゼンチンと米国が激突。世界ランク10位のアルゼンチンが貫録を見せ、47-17で快勝。2勝2敗で2023年W杯の予選が免除されるプール3位が確定した。

今大会限りでの代表引退を表明しているアルゼンチンのフアンマヌエル・レギサモン【写真:Getty Images】
今大会限りでの代表引退を表明しているアルゼンチンのフアンマヌエル・レギサモン【写真:Getty Images】

すでに予選敗退が決まっていたアルゼンチンが貫録勝ち

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールCではアルゼンチンと米国が激突。世界ランク10位のアルゼンチンが貫録を見せ、47-17で快勝。2勝2敗で2023年W杯の予選が免除されるプール3位が確定した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前回大会では4位に入った強豪アルゼンチンだが、今大会は“死の組”に入り、イングランド、フランスに敗れ予選敗退が決定。それでも格下の米国を相手に、ティア1の意地を見せた。

 アルゼンチン伝統のFW陣の頑張りだけでなく、バックス陣もフィールドを駆け巡り、計7トライで快勝。10-49でイングランドに敗れた、4日前のチームとはまるで違った。マリオ・レデスマ・ヘッドコーチも「これまで練習してきたことをフィールドで出し切りました。最後の試合は非常にいい内容だったと思います」と試合を振り返った。

 すでに8強に残れないことは決まっていた南米の雄。それでもFLパブロ・マテラ主将は「今日はイングランド戦よりも、自分たちが全力を尽くしてと戦おうと思っていた」と語った。それはなぜか――。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集