[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スコットランド勝ち点5なるか 日本戦見越し、先発14人替えでロシア戦…きょうの試合

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、1次リーグ3試合が行われる。最大の注目は日本と同じA組のスコットランドーロシア戦だ。

9日、スコットランドはロシアと対戦する【写真:Getty Images】
9日、スコットランドはロシアと対戦する【写真:Getty Images】

9日は1次リーグ3試合、日本の宿敵スコットランドが注目の一戦に

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、1次リーグ3試合が行われる。最大の注目は日本と同じA組のスコットランドーロシア戦だ。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 1勝1敗で迎えるスコットランドは先発14人を入れ替え、キックの名手レイドローら主力をベンチからも外した。当然、中3日で迎えるA組首位の日本との直接対決を見越してのもの。勝ち点5のスコットランドは勝ち点14の日本と少しでも優位に戦うため、ボーナスポイントを獲得し、勝ち点5を上乗せすることが必須。3戦全敗の格下ロシア相手とはいえ、もくろみ通りの戦いとなるか。

 D組は開幕2連勝のウェールズが、1勝2敗のフィジーを迎える。この試合に勝てば、8強進出が決定。前戦で難敵オーストラリアを撃破した勢いそのままに3連勝で突破を決めたい。一方、初戦でウルグアイに不覚を取ったフィジーは奇跡の逆転突破へ、ボーナスポイントを獲得しての勝利が不可欠。同国にとって泣いても笑っても1次リーグ最後の一戦、持てる力を出し切りたい。

 C組はアルゼンチンと米国が激突。「死の組」といわれる同組はすでに3連勝のイングランドとフランスの通過が決定しているが、3位に与えられる次回大会出場権をかけて戦いは続く。1勝2敗で勝ち点6のアルゼンチンが優位だが、2敗で勝ち点0の米国は消化試合が1試合少なく、巻き返しは可能。アルゼンチンも格上に当たるが、3位を目指してスポーツ大国が意地の戦いを見せる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集