[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡少年が粋な歓迎 サモアとの“国歌贈り合い”に海外感動「日本は最高のホストだ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本に敗れたサモアが次なる戦いの舞台、福岡入り。すると、駅で地元のラグビーチームからサモアの国歌で歓迎を受け、サモア代表の面々も国歌でお返しするという出来事があった。大会が実際のシーンを「鳥肌が立つような歓迎」と題して動画付きで公開すると、海外ファンに「日本は最高のホストだ」と感激が広がっている。

福岡で粋な歓迎を受けたサモア代表【写真:Getty Images】
福岡で粋な歓迎を受けたサモア代表【写真:Getty Images】

日本と激闘サモアの福岡入りを歓迎、大会公式が公開「鳥肌が立つような歓迎」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本に敗れたサモアが次なる戦いの舞台、福岡入り。すると、駅で地元のラグビーチームからサモアの国歌で歓迎を受け、サモア代表の面々も国歌でお返しするという出来事があった。大会が実際のシーンを「鳥肌が立つような歓迎」と題して動画付きで公開すると、海外ファンに「日本は最高のホストだ」と感激が広がっている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 それぞれが、それぞれの場所でおもてなしを発揮している。お揃いの水色と白のジャージ姿で整列した20人ほどの選手たち。歓迎する横断幕も掲げられる中、心を込めてサモアの国歌を歌っている。すると、聞いていたサモア代表選手も動いた。お返しといわんばかりに今度は国歌を歌う。日本戦の激闘を終え、移動の疲れもある中で笑みを交えながら、歌を送り返した。

 大会公式ツイッターは「鳥肌が立つような歓迎。フクオカの地元クラブがサモア国歌を歌う。サモアも国歌で応える」と実際のシーンを動画付きで公開。すると、海外ファンからは「日本は自分たちのやり方で他国の国歌を学んでいて素晴らしい」「日本は最高のホストだ」「文化を受け入れることは素晴らしい」「日本はすべてのW杯を主催するべき」などと感激の声が上がった。

 12日に東平尾公園博多の森球技場でアイルランドと対戦するサモア。すでに敗退は決まっているが、声援を送ってくれた地元のラグビー少年のためにも奮闘を期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集