[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカ俊足WTBが勢いづく日本を警戒 テストマッチ圧勝も「W杯は別の話」と断言

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、優勝候補の一角でもある南アフリカがカナダに66-7と圧勝し、7大会連続での決勝トーナメント進出を決めた。この日、11番をつけてWTBとして先発した23歳の有望株、スブシソ・ヌコシは「ここから本当の勝負がスタートする。とても楽しみだ」と目を輝かせた。

カナダ戦で前半にトライを決めたヌコシ【写真:荒川祐史】
カナダ戦で前半にトライを決めたヌコシ【写真:荒川祐史】

若手期待のトライゲッター、23歳ヌコシ「今の日本は流れを掴んでいる」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、優勝候補の一角でもある南アフリカがカナダに66-7と圧勝し、7大会連続での決勝トーナメント進出を決めた。この日、11番をつけてWTBとして先発した23歳の有望株、スブシソ・ヌコシは「ここから本当の勝負がスタートする。とても楽しみだ」と目を輝かせた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 今大会が初めてのW杯となるヌコシは、2戦目の9月28日、ナミビア戦に続く先発出場。キックオフ直後から持ち味の快足を生かしたプレーを披露し、5分には自身にとってのW杯初トライを挙げた。「この年齢で南アフリカを代表してW杯出場しただけでもうれしいのに、トライを奪えて最高だよ」と声を弾ませた。

 身長181センチ、体重97キロ。ラグビー選手としては決して大きくはないが、スピードと瞬発力に溢れる選手。相手のディフェンスをかわしながら変幻自在に跳躍する姿は、まるでスーパーヒーローのようだ。「僕の持ち味はスピード。この良さをもっと生かせるような選手になりたい」と話す。

 2015年のW杯で南アフリカが日本にまさかの黒星を喫した時は、まだ19歳だった。テレビの中の世界のような気がしていたが、昨年初めて代表入りして以来、意識が少しずつ変わってきたという。決勝トーナメント進出を決めた気持ちを聞かれると、「ようやくスタートラインに立った感じ。決勝トーナメントは負けたら終わりの一発勝負。個々から本当の勝負がスタートする。とても楽しみだよ」と頼もしげに話した。

 準々決勝ではプールAを勝ち抜いた2チームのいずれかと対戦。日本と対戦する可能性も十分に考えられる。日本の印象について「とてもまとまりのあるチーム。大会を追うごとに、チーム力が高まっている気がする。決して戦いやすい相手ではないし、今の日本は流れを掴んでいる。地元の応援も味方につけて、勢いに乗っている」と警戒した。

 9月6日に熊谷で行われたテストマッチでは、南アフリカが41-7で大勝した。わずか1か月ほど前の話だが、「テストマッチとW杯では全く別の話。あの時の印象そのままだと思っていては間違いだ」と新たな気持ちで研究し直すという。

 テストマッチではキック攻撃を多用してきた南アフリカだが、もし準々決勝で日本と対戦することになれば、まったく別の対策を立ててくる可能性も十分ありそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集