[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカが10トライ圧勝で8強進出決定 レーナックが開始20分で史上最短ハット達成

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、神戸・御崎公園球技場でB組の南アフリカ対カナダが行われ、南アフリカが10トライを奪う66-7の圧勝。4戦を終えて3勝1敗、勝ち点15とした南アフリカは決勝トーナメント進出を決めた。この日はSHレーナックが前半20分までに3トライを決め、W杯史上最短ハットトリック記録を達成。カナダは痛恨のレッドカードで惨敗した。

南アフリカがカナダに快勝【写真:荒川祐史】
南アフリカがカナダに快勝【写真:荒川祐史】

カナダは前半に痛恨レッドカード、後半に1トライ返すも惨敗

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、神戸・御崎公園球技場でB組の南アフリカ対カナダが行われ、南アフリカが10トライを奪う66-7の圧勝。4戦を終えて3勝1敗、勝ち点15とした南アフリカは決勝トーナメント進出を決めた。この日はSHレーナックが前半20分までに3トライを決め、W杯史上最短ハットトリック記録を達成。カナダは痛恨のレッドカードで惨敗した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 プール最終戦を迎えた南アフリカは決勝トーナメント進出に向けて、この試合で勝ち点5を奪っておきたいところ。だが、格下のカナダ、かつ4日に行われたイタリア戦から中3日の強行スケジュールとあって、主力を温存する先発メンバーを組んできた。だが、普段は控え組のメンバーにとっては、またとないアピールの場。試合開始と同時に猛烈な勢いでカナダに襲い掛かった。

 キックオフリターンで敵陣深くに攻め込むと、ゴールライン手前のラックからボールをつなぎ、CTBデアレンデが先制トライ。さらに、その3分後にはカナダFBコーの蹴ったキックを受けた南アフリカが速攻を展開。最後はWTBヌコシが左隅にトライを決めて、12-0とした。

 ここからが圧巻だ。9分に自陣でボールを受けたSHレーナックが、途中ショートパントでディフェンスをかわしながら、約60メートルを独走トライ。17分には敵陣ゴール前のラックからボールを出したレーナックが、そのまま取り込んでトライ。その3分後には、自陣からBK陣でボールをつないで最後は、またもやレーナックがゴールポスト下にトライ。試合開始20分でハットトリックを達成し、W杯最短記録を更新した。

 27分にはパスを受けたWTBジェラントがステップでかわしながら右隅にトライ。35分に横からスクラムに入ったカナダLOラーセンがレッドカードの退場処分となると、南アフリカは容赦なく攻め込む。前半終了間際には、敵陣ゴールライン手前でカナダのスクラムから始まったプレーで、パスをインターセプトしたCTBステインがそのままトライ。前半だけで7トライを決め、今大会では前半最多となる47点を挙げて試合を折り返した。

 後半も南アフリカのワンサイドゲームになるかと思われたが、数的不利に立たされたカナダが奮起する。キックオフから敵陣へ攻め込むと、45分にカナダボールのスクラムから左にラックを作り、最後はLOヒートンが飛び込んでトライを決めると客席からは大歓声。コンバージョンも決まり、7点を返した。

 だが、54分には南アフリカの連続攻撃から38歳ベテラン、HOブリッツが左中央に飛び込んでトライ。65分には敵陣ゴール前のスクラムから左へBKが展開。最後はFBウィレセムがガッツポーズをしながら余裕のトライ。32分には途中出場のPRマルヘルベが相手選手を引きずりながら、10トライ目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集