[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NZに奮闘のナミビア、日本の躍進に感銘「ティア1諸国を倒せると示してくれた」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会B組で3連敗の世界ランク同23位ナミビア。6日のオールブラックス戦では9-71で完敗を喫したが、前半30分まで世界最強軍団相手に一歩も引かぬ善戦で、詰めかけた東京スタジアムの観衆の心を鷲掴みにした。小国の魂を揺さぶる奮闘について、ヨハン・デイゼル主将は「日本が示してくれた」と語り、ホスト国の躍進に鼓舞されていたことを明かしている。大会公式サイトが伝えている。

オールブラックス相手に一歩も引かない戦いを見せたナミビア【写真:石倉愛子】
オールブラックス相手に一歩も引かない戦いを見せたナミビア【写真:石倉愛子】

ナミビアのデイゼル主将が日本から勇気を得ていたと告白

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会B組で3連敗の世界ランク同23位ナミビア。6日のオールブラックス戦では9-71で完敗を喫したが、前半30分まで世界最強軍団相手に一歩も引かぬ善戦で、詰めかけた東京スタジアムの観衆の心を鷲掴みにした。小国の魂を揺さぶる奮闘について、ヨハン・デイゼル主将は「日本が示してくれた」と語り、ホスト国の躍進に鼓舞されていたことを明かしている。大会公式サイトが伝えている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 農家、歯科医、銀行員、学生という面々で構成されているナミビア代表だが、最強軍団相手に力を示した。

 前半2分にSHスティーブンスがPGを決めて先制に成功。さらに26分、30分にもスティーブンスがPGを成功させ、9-10とわずか一点差に迫った。オールブラックスのジャージーが目立ったスタンドも小国の奮闘ぶりに心を動かされたようで、会場全体から「ナミビアコール」も沸き起こるほどだった。

「自分たちは主導権を握り、相手にボールを渡さない様にする必要があった。それが狙いの1つで、前半はうまくいった」と振り返ったデイゼル主将。王者相手に全くひるまなかった小国ナミビア。勇敢な戦いの裏には、心に刻まれたお手本があったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集