[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

頭から落とす“危険プレー”のイタリアPRが3試合出場停止 指揮官「愚かな行動だ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、B組で4日、イタリアは南アフリカに3-49と大敗。3戦目にして今大会初黒星を喫したが、その引き金となったプレーがあった。PRロボッティが密集で相手を担ぎ上げて頭から落とすという危険行為により、レッドカードで一発退場。実際のシーンを海外メディアが動画で公開。

4日、イタリアが南アフリカと対戦【写真:荒川祐史】
4日、イタリアが南アフリカと対戦【写真:荒川祐史】

日の南アフリカ戦で危険タックルの2選手に3試合出場処分

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、B組で4日、イタリアは南アフリカに3-49と大敗。3戦目にして今大会初黒星を喫したが、その引き金となったプレーがあった。PRロボッティが密集で相手を担ぎ上げて頭から落とすという危険行為により、レッドカードで一発退場。実際のシーンを海外メディアが動画で公開。「恐怖のダンプタックル」などと波紋を呼んでいたが、一発退場となったロボッティを含む2選手には3試合の出場停止が下った。指揮官も「愚かな行動だ」と発言している。英BBCが報じている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 誰もが唖然とするプレーだった。3-17とビハインドで迎えた後半2分、イタリアはパスをつないで敵陣ゴール前5メートルまで攻め込み、ここで密集となった。ボールを奪ったのは、南アフリカのNO8フェルミューレン。しかし、その直後だ。イタリアの1番PRロボッティとクアーリオがフェルミューレンを抱え上げるようにして持ち上げると、そのまま頭と肩から落としたのだ。

 これには会場も騒然。南アフリカ選手も手を挙げ、危険なプレーをアピールした。主審もけたたましく笛を吹き、プレーを検証。結果、ロボッティに一発レッドが提示され、1人少ない人数で戦うことに。フェアにプレーを続けていたらトライにもつながり、最大7点を加えられる可能性もあっただけに、痛恨のプレーとなった。結果、大量失点で3-49と大敗を喫した。

 英BBCによると、一発退場となったロボッティと、プレーに関与したクオーリオの2選手には3試合の出場停止処分を受けることになった。英BBCは「イタリアのプロップであるアンドレア・ロボッティとニコラ・クアーリオの両選手は、金曜日に敗北を喫した南アフリカ戦で危険なタックルを行い、3試合の出場停止となった」と報じ、さらにイタリアのオシェイ・ヘッドコーチは「とんでもなく愚か」「愚かな行動だ」と断罪したという。

 2勝1敗でB組2位のイタリアは12日のプール最終戦で、世界ランク1位のニュージーランドと対戦する。決勝トーナメント進出へ負けは許されない中で、フロントロー2人を欠くことになり、さらに厳しい戦いを強いられそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集