[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランド快勝で決勝T一番乗り! エディーHC笑顔、アルゼンチンは痛恨レッド響く

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は5日、東京スタジアムでプールCのイングランド対アルゼンチンを開催。イングランドが39-10で勝利し、今大会最速で決勝トーナメント進出を決めた。イングランドは6トライを挙げて勝ち点5を獲得。3戦全勝、勝ち点15とし、12日のフランス戦を待たずしてベスト8入り。アルゼンチンは前半17分でのレッドカードが響き、悔しい敗戦となった。

イングランドはアルゼンチンを破り、決勝トーナメント進出を決めた【写真:石倉愛子】
イングランドはアルゼンチンを破り、決勝トーナメント進出を決めた【写真:石倉愛子】

前半17分に危険なタックル、アルゼンチンは60分超を14人でプレー

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は5日、東京スタジアムでプールCのイングランド対アルゼンチンを開催。イングランドが39-10で勝利し、今大会最速で決勝トーナメント進出を決めた。イングランドは6トライを挙げて勝ち点5を獲得。3戦全勝、勝ち点15とし、12日のフランス戦を待たずしてベスト8入り。アルゼンチンは前半17分でのレッドカードが響き、悔しい敗戦となった。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 世界ランク4位のイングランドと同10位のアルゼンチンは、過去W杯でイングランドの2戦2勝。テストマッチを含めると、イングランドが9連勝中と圧倒していた。だが、最初に攻め込んだのはアルゼンチンだった。敵陣深くに攻め込むと、ゴールポスト手前でペナルティーを得て、ゴール成功。3点を先制した。

 だが、その2分後、今度はイングランドが敵陣22メートルライン付近でのラインアウトから中央付近にラックを作ると、SHヤングズが右に展開。SOフォードが敵2人を引きつけたところでWTBメイにつなぎ、左隅に逆転トライ。コンバージョンは外れ、2点のリードにとどまった。

 決勝トーナメント進出を目指すアルゼンチンは、どうしても負けられない一戦。際どいタックルなど激しい応酬が続いたが17分、イングランド主将でCTBファレルに対してLOラバニーニが肩から危険なタックル。TMOでの判定の結果、レッドカードで退場処分となり、残り60分以上を14人で戦うことになった。

 数的優位に立ったイングランドだが、アルゼンチンの粘り強いパフォーマンスに突破口が見出せず。敵陣ゴールライン寸前にできたラックでは膠着状態が続いたが、そこから左へBK展開。最後はFBデーリーが右中央にトライ。前半終了間際にも連続攻撃からSHヤングズが飛び込んでトライを決め、15-3で前半を終えた。

 後半はイングランドのトライからスタート。イングランドのスクラムから始まった攻撃で、左右に大きく展開しながら畳みかけると、最後はSOフォードが飛び込んでトライ。キッカーを務めるファレルがこの日初めてコンバージョンを成功させ、7点を追加した。12分にはペナルティーゴールも決めて、25-3とした。

 その後は一進一退の攻防が続くが、諦めずに敵陣へ攻め込んだアルゼンチンは30分、WTBモロニが抜け出してトライ。コンバージョンも決まり、7点を返した。

 これで火のついたイングランドはさらに得点を重ね、東京スタジアムを埋め尽くす4万8185人の観客から大きな拍手が沸いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集