[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オーストラリアが大量7トライでウルグアイに快勝 勝ち点5獲得でD組暫定首位に浮上

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は5日、D組でオーストラリアがウルグアイに45-10で快勝した。大量7トライを記録し、ボーナスポイントを含む勝ち点5を獲得。混戦D組の暫定首位に浮上した。

豪州史上最年少記録となるトライを決めるオーストラリアのジョーダン・ペタイア【写真:Getty Images】
豪州史上最年少記録となるトライを決めるオーストラリアのジョーダン・ペタイア【写真:Getty Images】

前半24分には19歳ペタイアがW杯で同国史上最年少トライ決める

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は5日、D組でオーストラリアがウルグアイに45-10で快勝した。大量7トライを記録し、ボーナスポイントを含む勝ち点5を獲得。混戦D組の暫定首位に浮上した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 世界ランク6位、優勝2度のオーストラリアが、ウルグアイを相手に貫録を見せつけた。先住民族をモチーフにした緑を基調とした新ジャージーで臨んだワラビーズ。前半5分にWTBヘーレットペティのトライで先制すると、24分にはWTBペタイアがトライを奪ってリードを広げた。

 ペタイアは19歳の次世代のスーパースター候補。今大会これが初出場でワラビーズ史上最年少でのトライとなった。

 31分にはCTBクリンドラニがトライ。19-3とリードして前半を折り返した。

 後半立ち上がりの5分にはクリンドラニがトライ。チームとしてのこの日4トライ目でボーナスポイントの獲得にも成功した。

 その後も攻撃の手を緩めないオーストラリアはさらに得点を重ね快勝。勝ち点5を加え、D組の暫定首位に浮上した。一方のウルグアイは後半終了間際に意地の1トライを返すのが精いっぱい。決勝トーナメント進出が極めて難しくなった。

【D組順位表】
1.オーストラリア 勝ち点11
2.ウェールズ 勝ち点9
3.フィジー 勝ち点7
4.ジョージア 勝ち点5
5.ウルグアイ 勝ち点4

※ウェールズのみ2試合、ほか4か国は3試合消化

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集