[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大敗イタリアHC、勢い失う痛恨レッドに愕然「あれで試合終わった」 母国記者も呆れ顔

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、プールBの1試合が行われ、イタリアは南アフリカに3-49と大敗を喫した。この日まで2戦全勝と勢いに乗っていたイタリアだが、前半に怪我でPRを2人失った上に、後半開始早々、同じくPRのロボッティがレッドカードで退場。試合後、コナー・オシェイ・ヘッドコーチ(HC)は「何を考えていたのか分からない。あのレッドカードで試合は終わってしまった」と憤懣(ふんまん)やるかたない様子だった。

危険なタックルで退場処分に【写真:荒川祐史】
危険なタックルで退場処分に【写真:荒川祐史】

地元記者からは厳しい意見「ロボッティは2度と代表に呼ばれることはないだろう」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、プールBの1試合が行われ、イタリアは南アフリカに3-49と大敗を喫した。この日まで2戦全勝と勢いに乗っていたイタリアだが、前半に怪我でPRを2人失った上に、後半開始早々、同じくPRのロボッティがレッドカードで退場。試合後、コナー・オシェイ・ヘッドコーチ(HC)は「何を考えていたのか分からない。あのレッドカードで試合は終わってしまった」と憤懣(ふんまん)やるかたない様子だった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 イタリアはこの試合に勝利すれば、決勝トーナメント進出が確定。敗れれば一転、8強入りは極めて厳しくなるという状況で迎えたキックオフ。だが、試合開始1分で3番プロップのフェラーリが右太腿を痛めて負傷退場する不運に見舞われた。さらには、フェラーリの代役で出場したリッチェーニも18分に負傷交代。イタリアはスクラムの要となるプロップを2人欠きながらも、なんとか前半を3-17で折り返した。

 衝撃のプレーが飛び出したのは、後半2分のことだった。イタリアはパスをつないで敵陣ゴール前5メートルまで攻め込むが、ここで密集となった時にボールを奪った南アフリカのNO8フェルミューレンを、イタリアの1番PRロボッティとクアーリオが抱え上げ、肩から落とす危険なプレーが発生。これによりロボッティはレッドカードの退場処分となり、イタリアは残り時間を1人足りない14人で戦うことになった。

 フェアプレーを続けていたら、イタリアがトライを奪えた場面。もし7点が加わっていたら10-17となり、試合はどちらに転ぶか分からなかった。だが、トライを奪えなかった上に、選手を1人失う最悪の展開。オシェイHCは「誰よりもロボッティが愕然としている」と話しながらも、「本当に愚かなことをした。あそこでトライを決めていたら、結果は違っていたかもしれない。攻めていた場面でのレッドカードだったので、精神的な打撃は大きかった。あのレッドカードで試合は終わった」と強い口調で繰り返した。

 同じく記者会見に現れた主将でNO8のパリセは「誰よりも残念に思っているのはロボッティ」と仲間を擁護。さらに「試合前から南アフリカとのフィジカルの差は把握していた。今日の南アフリカは非常に非常に強かった」と勝者を称えたが、レッドカードについて「あの事故が起きなければ、まだチャンスはあったと思う」と悔しさを隠さなかった。

 イタリアからやってきた取材記者たちは、全員が怒りを通り越して呆れた様子だったが、中には「ロボッティはもう2度と代表に呼ばれることはないだろう。イタリアにとって大きなチャンスを潰した」と厳しい意見もあった。

 これで2勝1敗、勝ち点10としたイタリアは、12日に優勝候補のニュージーランドと対戦。この試合に勝利すれば決勝トーナメント進出の望みがつながるが、極めて厳しい状況になったと言えそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集