[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“日本超え”の大番狂わせ逃す… 仏に大健闘の米国HC「私は選手たちを誇りに思う」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。米国は2連敗で決勝トーナメント進出が難しい状況となったが、後半24分には3点差に迫るなど、ティア1の強豪相手に奮闘した。

この日3本目のPGを決めたAJマクギンティ【写真:荒川祐史】
この日3本目のPGを決めたAJマクギンティ【写真:荒川祐史】

圧倒的不利の下馬評ながら、後半26分まで3点差に食い下がる

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。米国は2連敗で決勝トーナメント進出が難しい状況となったが、後半24分には3点差に迫るなど、ティア1の強豪相手に奮闘した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合前の英ウィリアムヒル社のオッズではフランス勝利が「1.04倍」に対し、米国の勝利が「15倍」。日本が番狂わせを起こしたアイルランド戦では、日本勝利「10倍」、アイルランド勝利「1.07倍」だから、米国が勝利していれば、日本戦を超える衝撃だったが……。

 奇跡まで、もう少しだった。後半24分にSO、AJマクギンティがこの日3本目のPGを決めて、9-12と3点差まで迫った。いける――。そんな空気も漂い始めたが、その後、自力で上回るフランスに立て続けに3トライを許し、力尽きた。

 それでもイングランドに7-45の大敗を喫した初戦と比較すると、内容には雲泥の差があった。ガリー・ゴールド・ヘッドコーチは「66分までは我々のペース。私は選手たちを誇りに思っている。いい試合をしました」とフィフティーンを称えた。

 結果的に悔やまれるのが、3度のペナルティのチャンスですべてPGを狙ったこと。1つでもトライを奪っていれば、また違った結果になったのかもしれない。

 同HCは「100%確実な決断はない。得点することはたくさん大事、コーナーにけっていくと、そこで得点につながることもある。トライをとっていればということも考えましたが……」と振り返っていた。

 スポーツ大国・米国だが、ラグビーに関してはまだまだ伸びしろがある。“死のC組”。次の相手も世界ランク10位アルゼンチンだが、番狂わせを起こす予感は漂っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集