[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NZ代表サベア、大会史上初のゴーグル着用で出場 視力悪化の左目保護のため

ラグビーワールドカップ(W杯)は2日、ニュージーランドがカナダと大分スポーツ公園総合競技場で対戦。後半途中からラグビーゴーグルを着用したFLアーディー・サベアが出場し、大会史上初の出来事となった。

大会史上初のゴーグル着用で出場したサベア【写真:石倉愛子】
大会史上初のゴーグル着用で出場したサベア【写真:石倉愛子】

5月に使用が認められたゴーグルを着用して後半途中から出場

 ラグビーワールドカップ(W杯)は2日、ニュージーランドがカナダと大分スポーツ公園総合競技場で対戦。後半途中からラグビーゴーグルを着用したFLアーディー・サベアが出場し、大会史上初の出来事となった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 目元をしっかりと覆い、背番号20がピッチに飛び出した。サベアは黒のバンドで固定した透明のゴーグルを着用。さながらバットマンのようないで立ちで試合に加わった。大会公式ツイッターによると、ゴーグル着用で試合に出場するのはW杯史上初めてのことだという。

 試合前に伝えていたオールブラックス公式サイトによると、理由は視力が悪化している左目の保護のため。今年5月にワールドラグビーがラグビー用のゴーグルの着用をすべてのカテゴリーで認めていた。サベアは2、3年前から視界がぼやけることに気づき、代表ドクターからゴーグルを紹介されたという。

 記事では「視界に関しては、本当に素晴らしい。あとは慣れるだけだ」と語っていたサベアは「小さな女の子(娘)がいる。将来の子供や、もっと大きな家族を持てればいいと思う。だから、視力を失いたくないんだ」とも話していた。盛り上がる日本大会において、新たなW杯の歴史の一歩となった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集