[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックス、前半だけで4トライ&ボーナス点獲得 カナダを28-0と圧倒で後半へ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、大分でプールBのニュージーランド対カナダが行われた。世界ランク1位で大会3連覇を狙うニュージーランドが試合開始直後から容赦なく攻め立て、同22位のカナダを圧倒。前半だけで4トライを決めて28-0とし、ボーナスポイントを手に入れた。

ニュージーランドがリードして前半を終えた【写真:石倉愛子】
ニュージーランドがリードして前半を終えた【写真:石倉愛子】

ジョーディー&ボーデンのバレット兄弟がトライ決める

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、大分でプールBのニュージーランド対カナダが行われた。世界ランク1位で大会3連覇を狙うニュージーランドが試合開始直後から容赦なく攻め立て、同22位のカナダを圧倒。前半だけで4トライを決めて28-0とし、ボーナスポイントを手に入れた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 国歌斉唱後に出陣の儀式「ハカ」を踊ったオールブラックスは、今大会初の「カマテ」バージョンを披露。大分の地に勇者の叫びを轟かせ、会場のボルテージを一気に上げた。すると、開始4分に敵陣ゴール5メートルでのスクラムを押し込み、最後は主将のNO8リードがポール下にトライ。コンバージョンも決まり、7点を先制した。勢いの止まらないニュージーランドは8分にもSOモウンガの絶妙なキックパスを右サイドライン一杯で受けたWTBバレットがトライ。コンバージョンも決まり、リードを14点と広げた。

 3トライ目は16分。敵陣ゴール前での連続攻撃でモールから出たボールを受けたCTBウイリアムズが、フェイントパスからのカットインで相手ディエンスを崩してトライ。かつてトップリーグのパナソニックでもプレーしていたベテランCTBのトライに大歓声が上がった。

 さらには35分に今度はFBバレットが連続攻撃をつないでトライ。ニュージーランドは前半だけで4トライを決め、ボーナスポイントを獲得した。

 大会史上2度目の3兄弟スタメン出場となったニュージーランドのバレット兄弟は、ジョーディーとボーデンがそれぞれ1トライ。LOのスコットがトライを決めれば、3人全員がトライの快挙となる。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集