[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチら4選手が「週間ベスト15」に英メディア選出 稲垣は「世界最強の一人抑えた」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で開幕2連勝でA組首位に立った日本代表。英最大手衛星放送「スカイスポーツ」は大会2週目の「ベスト・フィフティーン」を選出。北半球最強軍団アイルランドを倒した日本からFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太ら4選手が堂々の選出を果たしている。

日本代表のジェイムス・ムーア、リーチ・マイケル、稲垣啓太、ルーク・トンプソン(左から)【写真:Getty Images】
日本代表のジェイムス・ムーア、リーチ・マイケル、稲垣啓太、ルーク・トンプソン(左から)【写真:Getty Images】

英衛星放送「スカイスポーツ」が大会第2週の「ベスト・フィフティーン」選定

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で開幕2連勝でA組首位に立った日本代表。英最大手衛星放送「スカイスポーツ」は大会2週目の「ベスト・フィフティーン」を選出。北半球最強軍団アイルランドを倒した日本からFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太ら4選手が堂々の選出を果たしている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ラグビーの母国も日本代表戦士を認めた。スカイスポーツは大会2週目のベスト15を独自選考。「静岡の衝撃」でW杯史上に刻まれる大金星を成し遂げた日本代表4選手も世界トップの実力者から堂々の選出を果たしている。

 プロップ部門で選ばれたのは1番・稲垣だった。寸評では「日本のスクラムはアイルランド相手に輝いていた。イナガキはその最前線にいた。彼はタイグ・ファーロングという世界最強のタイトヘッドの一人を抑え込んだ」と称賛。相手の185センチ、126キロの巨漢を食い止めた仕事ぶりが高く評価。一方で、12タックル、11キャリーというデータ上の貢献も紹介していた。

 ルーク・トンプソンとジェイムス・ムーアのロックコンビも揃って選出されている。「ムーアと2列目の相棒トンプソンはアイルランド戦勝利で輝ける光となった。守備では英雄的な活躍を見せ、合わせてタックルに43回成功し、失敗はゼロ。コンスタントかつ、鋭い読みでアイルランドに立ちはだかった」。2人の守備面の無双ぶりは「英雄的」とまで称賛されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集