[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

采配的中ジョージア、最優秀選手NO8は勝利に安堵「負けたら本当に大変なことに…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、ジョージアが33-7でウルグアイに勝ち、今大会初白星を飾った。23日に行われたウェールズ戦に大敗。この試合に敗れたら決勝トーナメント進出が極めて厳しくなっていたジョージアは、25日に格上フィジーを撃破したウルグアイを一蹴した。

ジョージアがウルグアイを下し、今大会初白星を飾る【写真:石倉愛子】
ジョージアがウルグアイを下し、今大会初白星を飾る【写真:石倉愛子】

ウェールズに敗戦後、ヘイグHCは選手にプレッシャー「いかに重要な一戦か」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、ジョージアが33-7でウルグアイに勝ち、今大会初白星を飾った。23日に行われたウェールズ戦に大敗。この試合に敗れたら決勝トーナメント進出が極めて厳しくなっていたジョージアは、25日に格上フィジーを撃破したウルグアイを一蹴した。プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手賞)に輝いたNO8のオタリ・ギオルガゼは「この試合は大きなプレッシャーがあった。負けたら本当に大変なことになっていた」と安堵の笑顔を見せた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 絶対に負けられない一戦だった。プールDにはウェールズとオーストラリアの2強が存在。悲願の決勝トーナメント進出の望みをつなぐためにも、格下のウルグアイ、フィジーからは確実に勝利を奪っておきたかった。初戦ウェールズ戦は善戦が期待されたが、終わってみれば14-43で完敗。対照的に、ウルグアイは番狂わせを演じ、流れを味方につけていた。

 この試合に際し、ミルトン・ヘイグ・ヘッドコーチ(HC)はウェールズ戦から先発メンバー12人を大幅入れ替え。さらに「今日の試合に負けたら、今までの努力が水の泡になる。いかに重要な一戦か、選手には重々言い聞かせた」とプレッシャーをかけた。選手は重圧に潰れることなく、「ウルグアイは後半間違いなくバテるから、自分たちのやるべきことに集中しろ」という指揮官の言葉に従い、勝利で応えた。

 この日、1トライを決めるなど攻守にわたる活躍が光ったギオルガゼは、試合後のミックスゾーンで「初戦は大差で負けたので、今日は十分に準備をして試合の臨んだ。80分間ずっと100%で戦えた」と満足そうに語った。同時に「負けたら本当に大変なことになっていた」と話し、ヘイグHCからかけられたプレッシャーの大きさを伺わせた。

 マン・オブ・ザ・マッチ獲得に話が及ぶと「とてもハッピーです!」と表情を緩めた。両軍合わせて46選手の中から、たった1人だけに与えられる栄誉。「すべてのプレーヤーの夢。この喜びを全ジョージア国民に伝えたいです」と声を弾ませた。

 次戦は10月3日のフィジー戦。ここでも抜かりなく白星を飾り、プール最終戦となるオーストラリア戦につなげたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集