[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

番狂わせから中3日で完敗 ウルグアイ主将は男気「日程は把握していた。言い訳なし」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、世界ランク17位のウルグアイは7-33で同11位のジョージアに敗れた。感動のフィジー戦勝利から4日後という過密スケジュールだったが、主将のフアンマヌエル・ガミナラは「事前に日程は把握していた。その上で準備をしたのだから、言い訳はしない」と、素直に敗戦を受け止めた。

ウルグアイがジョージアに敗れる【写真:石倉愛子】
ウルグアイがジョージアに敗れる【写真:石倉愛子】

番狂わせのフィジー戦勝利から中3日で難敵ジョージア戦

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、世界ランク17位のウルグアイは7-33で同11位のジョージアに敗れた。感動のフィジー戦勝利から4日後という過密スケジュールだったが、主将のフアンマヌエル・ガミナラは「事前に日程は把握していた。その上で準備をしたのだから、言い訳はしない」と、素直に敗戦を受け止めた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 25日に行われた一戦では、フィジーとの消耗戦を制して感動の勝利を収めたウルグアイ。この日も強力FWを誇るジョージアを相手に厳しいフィジカルマッチを強いられた。前半こそ7-12と1トライ差で追う接戦を繰り広げたが、後半は明らかに運動量がダウン。自陣での防戦一方で攻撃に転じられず、結局26点差をつけられる完敗を喫した。

 試合後、記者会見に姿を現したガミナラは「試合の大部分でプレッシャーを受けていた。特に、自陣22メートルラインの内側で守る場面が多くなってしまった」と反省。同時に「ジョージアの戦い方が素晴らしかった」と相手を称えた。

 プールDにはオーストラリア、ウェールズという強豪2チームが立ちはだかる。フィジーに勝利した後、にわかに決勝トーナメント進出の可能性が広がったウルグアイにとって、この日のジョージア戦は「決勝に匹敵するくらい大切な試合だった」とガミナラは明かす。だが、結果につなげることはできなかった。

 ウルグアイは死力を尽くしたフィジー戦から中3日。ジョージアは難敵ウェールズに敗れた初戦から中5日。さらに、初戦から先発メンバーを2人しか入れ替えなかったウルグアイに対し、ジョージアは先発メンバーを12人入れ替えた。厳しい日程と戦術が噛み合わずに黒星を喫したが、ガミナラは「日程の話は言い訳になる。スケジュールが問題でこういう結果になったんじゃない。私たちはハンドリングミスを多く犯したし、自陣でのプレーが多すぎた」と逃げ道を作らなかった。

 残り2戦はオーストラリア(10月5日)、ウェールズ(同13日)と強敵に立ち向かう。ガミナラは「オーストラリア、ウェールズを相手に結果を求めるのは現実的な目標ではない。目標を高く設定しすぎるとストレスになる。どういう戦いをするか。そこに焦点を絞れば、いい結果がついてくる可能性もある」と謙虚に話した。

 同じ1勝1敗ながら、ボーナスポイントのないウルグアイは勝ち点4で、勝ち点5のジョージアに遅れを取った。決勝トーナメント進出の望みは極めて薄いが、強敵に全力で立ち向かい、見る者に勇気を与えたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集