[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウルグアイ2戦連続金星ならず ジョージアが33-7で初勝利 5トライで勝ち点5獲得

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、世界ランク11位のジョージアが同17位のウルグアイを33-7で破り、今大会初白星を飾った。5トライでボーナスポイントも獲得し、勝ち点5を手にした。熊谷に詰めかけた2万4895人を盛り上げた。

ジョージアがウルグアイに勝利【写真:石倉愛子】
ジョージアがウルグアイに勝利【写真:石倉愛子】

ジョージアは采配的中、初戦から先発メンバー12人を大幅入れ替え

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールDのジョージア対ウルグアイが行われ、世界ランク11位のジョージアが同17位のウルグアイを33-7で破り、今大会初白星を飾った。5トライでボーナスポイントも獲得し、勝ち点5を手にした。熊谷に詰めかけた2万4895人を盛り上げた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 23日に行われた初戦ウェールズ戦に完敗したジョージアは先発メンバーを12人入れ替え、対するウルグアイは25日にフィジーから番狂わせ勝利を飾ったメンバーから2人を入れ替えただけ。対照的な状況でキックオフを迎えた両軍だったが、最初にトライを奪ったのはジョージアだった。前半8分に敵陣ゴール前5メートルでのラインアウトから左に展開。飛ばしパスで余ったWTBトドゥアがゴール左隅に飛び込み、5点を先制した。

 その後は両軍ともディフェンスのプレッシャーからかハンドリングミスを繰り返すなど決め手に欠き、スコアは膠着。だが、29分にジョージアが敵陣ゴールライン手前でペナルティーを得ると、スクラムから飛び出したギオルガゼがゴールポスト右にトライ。コンバージョンも決まり、12点差にリードを広げた。

 このままジョージアが主導権を握るかと思われたが、その3分後、敵陣に攻め込んだウルグアイは、22メートルライン付近でのラインアウトを獲得すると、SHアラタからのWTBシルバへの内パス。敵ディフェンスに生まれたスペースにCTBビラセカが走り込んでトライを決めた。

 前半を12-7と5点リードで折り返したジョージアは、後半開始2分にゴールライン手前のスクラムからラックを作ると、最後はPRチラチャワがボールを拾ってそのまま突進。ウルグアイの壁を破ってトライした。ジョージアはその後、51分、57分にもトライを決め、ウルグアイを突き放した。

 初戦ではフィジーに感動の勝利を収めたウルグアイだったが、中3日という厳しい日程も影響してか、後半は動きが鈍く無得点。試合終了間際には途中出場のガタスが危険なタックルでレッドカードを受け、退場となった。2戦連続の番狂わせとはならなかった。

 ともに1勝1敗だが、ジョージアは勝ち点5、ウルグアイは勝ち点4。次戦、ジョージアは10月3日にフィジーと戦い、ウルグアイは同5日にオーストラリアと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集