[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転トライの福岡堅樹、奇跡の勝利に大興奮「この瞬間のためにたくさんの犠牲が…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。歴史的金星を挙げ、開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。

後半18分に逆転のトライを決めた福岡堅樹【写真:荒川祐史】
後半18分に逆転のトライを決めた福岡堅樹【写真:荒川祐史】

4年前の南アフリカ戦を超える奇跡に静岡が熱狂

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。歴史的金星を挙げ、開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 運命を切り開いた瞬間だった。9-12の後半18分。敵陣深くに攻め込んだ日本は田中からラファエレ、最後は後半10分から途中出場の福岡堅樹が左隅に飛び込み、逆転トライ。田村のゴールも決まり、16-12とこの日初めてリードを奪った。31分には田村がペナルティゴールを決め、19-12と突き放し、そのままアイルランドの猛攻を振り切り、歴史的金星を挙げた。

 試合後、殊勲のトライを決めた福岡は「本当に、これまで本当にきつい思いをしてしっかり準備をしてきて、今、この瞬間のために本当にたくさんの犠牲の上にこういうゲームができたと思う」と大興奮でした様子。自身は開幕前に右ふくらはぎを痛め、離脱していた。今大会初出場となった大一番で、全員でつないだボールを抱いてゴールに飛び込んだ。

「まだまだパフォーマンスを上げられると思うけど、チームの勝利に貢献できたという意味では本当にいいリハビリができて、いい準備ができたと思います。最後は走り切りたかったけど、そこはしっかりとまたいいパフォーマンスができるように準備していきたい」

 日本は20日の開幕戦でロシアに30-10で勝利し、ボーナスポイントを含め、勝ち点5を獲得。対するアイルランドは2強と目されていたスコットランドを初戦で27-3と快勝し、勢いに乗っていた。日本にとっては格上で代表戦で過去7戦全敗の相手。しかし、15年大会で南アフリカを撃破した当時を上回る「奇跡を超える奇跡」を果たし、歴史的金星を勝ち取った。

「この応援が力が自分たちに後押しになった。本当にありがとうございましたと感謝の気持ちを述べたいと思います。ありがとうございます」と福岡。決勝トーナメント進出に向けて大きな勝利だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集