[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エディー英国が米国に7トライ完勝 “死の組”で開幕2連勝、勝ち点10で決勝Tへ前進

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、大会7日目を迎え、前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズHCが率いるイングランドがアメリカと対戦し、45-7の完勝で開幕2連勝を飾った。強豪国が多く“死の組”とも呼ばれるプールCで、早くも勝ち点10を挙げたイングランドは、決勝トーナメント進出に向けて大きく一歩踏み出した。

イングランドが米国に圧勝【写真:Getty Images】
イングランドが米国に圧勝【写真:Getty Images】

アメリカは試合終了直前に1トライ、69分にはLOクイルが今大会初レッドカード

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、大会7日目を迎え、前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズHCが率いるイングランドがアメリカと対戦し、45-7の完勝で開幕2連勝を飾った。強豪国が多く“死の組”とも呼ばれるプールCで、早くも勝ち点10を挙げたイングランドは、決勝トーナメント進出に向けて大きく一歩踏み出した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 神戸での初戦となった試合は、日本に縁の深いHCが率いる2チームの対戦となった。イングランドを率いるのは元日本代表HCのジョーンズHC、アメリカ代表を率いるのは2014年に神戸製鋼を率いたギャリー・ゴールドHC。最初にトライを決めたのは、イングランドだった。敵陣に連続攻撃を仕掛けたイングランドは、左サイドにできたラックからセンターに出たボールをキャッチしたSOフォードが、ディフェンスの間にできたスペースに走りこんで、ゴールポスト下にトライ。フォードは自らコンバージョンも奪い、7点を先制した。

 アメリカは粘り強いディフェンスで何度も敵ボールを奪ってみせるが、なかなか敵陣に攻め込むことができず。コツコツと攻撃を続けたイングランドは24分、敵ゴールライン直前でのラインアウトからモールを作り、そのまま押し込んでトライ。コンバージョンも決まり、リードを14点に広げた。さらに、32分にも敵陣22メートル付近でのラインアウトからのムービングモールでトライを決め、前半を19-0で終えた。

 後半の初トライもイングランドだった。セットプレーから出たボールをCTBジョセフが華麗なターンでゴールライン直前まで持ち込むと、最後はWTBゾカナシンガが飛び込んでトライ。イングラウンドはこの日4つ目のトライを奪い、ボーナスポイントを獲得した。さらに57分。適陣でのスクラムで得たペナルティーから速攻を仕掛けたイングランドは、BK陣がボールをつないでWTBマコノヒーが代表初トライを決め、31点リードと突き放した。

 イングランドが66分に6個目のトライを決めた直後、アメリカはLOクイルが危険なタックルで今大会初のレッドカードで退場処分。残り10分あまりを14人で戦った。イングランドは76分にもトライを決めてアメリカを圧倒。だが、アメリカは最後のワンプレーの合図が鳴った後に、ようやく初トライを奪い、零封を免れた。

 2連勝と勢いに乗るイングランドは次戦の10月5日アルゼンチン戦に勝利すれば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が当確。アメリカは10月2日にフランスと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集