[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

釜石初戦はトライの応酬 ウルグアイ、16年ぶり白星へ24-12で前半折り返す

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー対ウルグアイが行われた。前半は両軍合わせて5トライが飛び出し、世界ランク19位のウルグアイが24-12で同10位のフィジーをリードする展開となった。

岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでフィジー対ウルグアイが行われる【写真:石倉愛子】
岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでフィジー対ウルグアイが行われる【写真:石倉愛子】

フィジーは先制トライ奪うもミス続きで流れに乗れず

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー対ウルグアイが行われた。前半は両軍合わせて5トライが飛び出し、世界ランク19位のウルグアイが24-12で同10位のフィジーをリードする展開となった。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 東日本大震災の犠牲者に対する黙祷から始まったこの試合。先制したのはフィジーだった。7分にモールから出たボールをNO8ナカラワ、HOドロコトとつないでゴールエリア左隅に先制トライを決めた。5点を奪ったフィジーが主導権を握ったかに見えたが、14分にタックルでこぼれたボールを拾ったウルグアイがSHアラタにつなぐと、2度のタックルをかわしながらゴールポスト下にトライ。コンバージョンも決まって逆転に成功した。

 するとフィジーはすぐに反撃。18分に敵陣ゴール前での連続攻撃から、最後はPRマウイがラックの上を跳び越えながらのトライ。コンバージョンも決まって逆転した。

 だが、ウルグアイは諦めず、小さなミスが続くフィジーの隙を突く。21分に敵陣ゴール手前のラインアウトからの攻撃でNO8ディアナがトライを決めると、25分には自陣から速攻を展開してCTBカトがトライ。ともにコンバージョンが決まり、9点リードに広げた。

 その後も細かなミスが続くフィジーは波に乗れず。ウルグアイは37分にもペナルティーゴールを決め、24-12で試合を折り返した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集