[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

不気味なサモア、日本通のSOが「1番危険。出ないで欲しい」と名指しした日本選手は?

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は24日、日本と同じA組では世界ランク16位のサモアと同20位のロシアが激突。1995年大会以来の8強進出を目指すサモアが34-9で初戦を白星で飾った。計6トライをマークし、ボーナスポイントを含む勝ち点5を獲得した。

サモア代表のトゥシ・ピシ【写真:Getty Images】
サモア代表のトゥシ・ピシ【写真:Getty Images】

ロシアに6トライで快勝、日本とは10月5日の第3戦で激突

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は24日、日本と同じA組では世界ランク16位のサモアと同20位のロシアが激突。1995年大会以来の8強進出を目指すサモアが34-9で初戦を白星で飾った。計6トライをマークし、ボーナスポイントを含む勝ち点5を獲得した。サモアは10月5日に豊田スタジアムで日本と対戦する。トップリーグでもプレー経験のあるSOトゥシ・ピシは松島幸太朗の名前を出して、「1番危険なプレーヤーだ」と警戒を強めている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 日本が20点差で勝利した相手に、つけた点差は25点。日本にとっても決して侮れないチームだと改めて印象付けた。

 サモアは決して安定感のある戦い方ではなかったが、終わってみれば圧勝だった。サモアが初戦で勝ち点5を獲得。1995年大会以来、24年ぶりの8強進出へ、まずは会心のスタートを切った。

 前半に危険なタックルで立て続けに2選手がシンビン(一時退場)。13-15と数的不利になったが、この時間にロシアにトライを許さなかった。「13人の時のディフェンスが素晴らしかった」とスティーブ・ジャクソンHCは選手たちを称えつつも、「タックルについてもっと規律を守らなければならない。この試合の後に改善したいと思っている」と課題も挙げた。

 後半は選手たちが高い個人能力を生かして、一気に5トライ。ロシアにできたスペースを次々についていった。型にはまった時の爆発力はやはり光るものがある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集