[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連日掲載「世界のスゴ技」 ウェールズ、キックパス追う“一騎打ち”50m激走トライ

連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。

ウェールズ代表のトモス・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
ウェールズ代表のトモス・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

トモス・ウィリアムズが途中出場で決めたキックパスを追う激走トライ

 連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回は世界ランク4位のウェールズ代表トモス・ウィリアムズが約50メートルを激走してキックパスを抑え込んだトライだ。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 猛然とボールを追いかけた。23日のジョージア戦、前半だけで4トライを挙げ、早くもトライボーナスポイントを獲得したウェールズ。29-7で迎えた後半24分だった。右サイドでボールを受けたジョージ・ノースが、ハーフウェイラインを越えた辺りで敵陣後方の空いたスペースへキックパス。綺麗な縦回転で転がっていく楕円形のボールを、敵選手と“一騎打ち”で追いかけたのがトモス・ウィリアムズだ。

 後半7分から途中出場したばかりの21番。ボールは無人のインゴールへと転がっていく。エネルギーに満ち溢れた激走で相手を追い抜き、ボールに覆いかぶさるように飛び込んだ。激走した距離はフィールドの半分ほど。キックパスから始まった競争に勝ち、この日チーム5トライ目を挙げて味方と喜びを分かち合った。

 5大会連続出場となった世界ランク12位のジョージアに43-14で快勝。オーストラリア、ウルグアイ、フィジーとのD組で勝ち点5をゲットし、幸先のいいスタートだ。「レッドドラゴン」の愛称を持つチームの最高成績は87年の第1回大会3位。初優勝に向けて激走する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集