[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本はすでに丸裸か 異色の愛国HCは“分析魔”、選手「万全の分析? 答えはイエス」

スコットランド代表に27-3と快勝したアイルランド代表。次戦では日本代表を迎え撃つ北半球最強チームだが、すでにジェイミー・ジャパンを丸裸にしている。衝撃の発言をしたのは、スコットランド戦後の取材に応じた先発FBジョーダン・ラーマーだった。

アイルランドは快勝スタート【写真:荒川祐史】
アイルランドは快勝スタート【写真:荒川祐史】

28日に激突、北半球最強チームは日本を研究済み

 スコットランド代表に27-3と快勝したアイルランド代表。次戦では日本代表を迎え撃つ北半球最強チームだが、すでにジェイミー・ジャパンを丸裸にしている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 衝撃の発言をしたのは、スコットランド戦後の取材に応じた先発FBジョーダン・ラーマーだった。

「日本―ロシアも見たよ。日本はテンポも速かったし、いいキックもしていた。エリアもしっかり取ってきていた。フィジカルも良かったしね。すごく危険なチームだと感じたけど、これから対日本のプランを考えていきます」

 ここまでは、ありがちな次戦へ向けてのコメントだったが、日本の分析については“社交辞令”ではない内容だった。かなり万全の分析をしているのでは――という質問に、昨年代表デビューした21歳の若武者は、こう答えた。

「はい。答えはイエスです。チームとして、たくさん日本のビデオを見ています。評価もしてます。日本代表が何をやろうとしているのか、何を重視しているのかを見て、さらに、それにどう対抗するのかを考えています」

 スコットランドという6か国対抗のライバルとの対戦を踏まえながらも、次戦の相手への対策を、隠すことなく明かしたのには、おそらく指揮官の存在があるはずだ。

 この大会を区切りにアイルランド代表の指揮を終えるジョー・シュミット監督は、その卓越した分析力を武器に、アイルランドを世界屈指の強豪に鍛えてきた。イングランド、ニュージーランド(NZ)という南北半球の最強軍団が、その絶頂期にあるときに土をつけ、世界ランキング1位で日本大会を迎えた。

1 2

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集