[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エディーHC率いるイングランドが白星発進 トンガから4T快勝で“死の組”突破へ前進

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、プールCでは世界ランク3位のイングランドが同15位トンガと対戦。前回大会で日本代表を率いた、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が率いるイングランドが35-3でトンガを退け、勝ち点5を獲得した。

イングランドが初戦に勝利【写真:Getty Images】
イングランドが初戦に勝利【写真:Getty Images】

強豪がそろうプールCで、フランスに続いて白星

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、プールCでは世界ランク3位のイングランドが同15位トンガと対戦。前回大会で日本代表を率いた、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が率いるイングランドが35-3でトンガを退け、勝ち点5を獲得した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前半10分にCTBオーウェン・ファレルのPGで先制。直後にトンガにもPGを決められ、追いつかれるも、24分、30分にCTBマヌー・ツイランギの連続トライで一気に突き放し、18-3で前半を折り返した。

 後半も立ち上がりの2分にファレルのPGで確実に加点。その後も立て続けにトライを奪い、ボーナスポイントが得られる計4トライを決めた。

 プールCは“死の組”とも呼ばれ、決勝トーナメント進出の条件となる2位以内をフランス、アルゼンチン、イングランドが争う構図だ。21日の初戦ではフランスとアルゼンチンが激突し、フランスが23-21と接戦をものにしている。

 4年前のイングランド大会では自国開催ながら決勝トーナメント進出を逃すという屈辱を味わった。開催国がベスト8に残れないのは歴史上初めて。日本を躍進させたジョーンズHCを招き、復権を期す強豪は世界ランク3位まで浮上。2003年以来、2度目の優勝へとまずは白星でスタートした。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集