[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“聖地”花園初戦はイタリアが6トライで勝ち点5 W杯未勝利のナミビア善戦に大拍手

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、大阪・花園ラグビー場ではプールBのイタリア対ナミビアが行われた。高校ラグビー聖地での初戦は、イタリアが47-22で順当勝利。6トライを奪い、ボーナスポイントも獲得した。イタリアのNO8パリセは史上3人目となるW杯5大会出場を記録した。

イタリアがナミビアとの初戦に勝利【写真:石倉愛子】
イタリアがナミビアとの初戦に勝利【写真:石倉愛子】

イタリアNO8パリセは史上3人目のW杯5大会出場

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、大阪・花園ラグビー場ではプールBのイタリア対ナミビアが行われた。高校ラグビー聖地での初戦は、イタリアが47-22で順当勝利。6トライを奪い、ボーナスポイントも獲得した。イタリアのNO8パリセは史上3人目となるW杯5大会出場を記録した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 九州北部に接近する台風17号の影響で小雨まじりの強風が吹きつける中、出場20チームの中で世界ランクが最も低い(23位)ナミビアのトライから試合は始まった。前半5分、ボールをつないだナミビアは、SHスティーブンスがディフェンスの壁をくぐり抜け、ゴール右にトライ。コンバージョンも決めて7点を先制した。

 世界ランク13位のイタリアは11分、敵陣ゴール手前でペナルティーを得ると、モールを作って押し込み、そのままトライ。コンバージョンも決まり、すぐさま同点に追いついた。その後、イタリアはボールをつないで再三ゴール手前まで攻め込むが、ナミビア選手に追いつかれてゴールラインまで届かず。ミスも重なり、格下相手に思わぬ苦戦を強いられる。

 イタリアが追加点を挙げたのは25分。ナミビアのラインアウトから始まったプレーでイタリアがボールを奪い、最後はSOアランがゴールポストに激突しながらトライ。前半終了間際にも敵陣22メートル付近のモールからLOルッツァ、SHテバルディとつないでトライを決め、21-7とリードを広げて試合を折り返した。

 雨足が強くなった後半は、イタリアが積極的に攻め立てた。43分にラックから出たボールをCTBベンベヌーティが右にグラバーキックを蹴ると、WTBパドバーニが完璧なタイミングでキャッチしてトライ。46分には敵陣での連続攻撃から、交替したばかりのSOカンナがトライとコンバージョンを決めて、35-7とした。

 だが、W杯初勝利を目指すナミビアも諦めない。50分にローブサーがペナルティーゴールを決めると、57分には中央にできたラックから左にボールを展開し、最後はWTBグレーリングが飛び込んでトライを奪った。

 イタリアは69分、75分にもトライ。ナミビアも試合終了間際に1トライを追加したが、試合はイタリアが47-22で勝利。ボーナスポイントと合わせ、勝ち点5を獲得した。

 結局、点差はついたものの、最後まで諦めず随所で好プレーを光らせたナミビアには、会場を埋めた2万354人の観客から大きな拍手が送られた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集