[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NZ代表、落胆の南ア選手と“ノーサイドの抱擁”に海外感動「素晴らしい瞬間だ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、B組の初戦で史上初の3連覇を目指すニュージーランドが優勝2度を誇る南アフリカを23-13で下し、勝ち点4を獲得。優勝候補同士に詰めかけた6万3649人のファンが酔いしれたが、試合後に死力を尽くした両軍は互いに健闘を称え合った。落胆で膝を突いた南アフリカ選手をニュージーランド選手が立たせ、抱擁する様子をオールブラックス公式ツイッターが公開し、「このスポーツマンシップこそ、我々がラグビーを愛する理由だ」などと感動を呼んでいる。

ニュージーランドが南アフリカを下し初戦に勝利した【写真:荒川祐史】
ニュージーランドが南アフリカを下し初戦に勝利した【写真:荒川祐史】

試合後に膝を突いた相手選手を励まして抱擁、「ノーサイド」の精神体現

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、B組の初戦で史上初の3連覇を目指すニュージーランドが優勝2度を誇る南アフリカを23-13で下し、勝ち点4を獲得。優勝候補同士に詰めかけた6万3649人のファンが酔いしれたが、試合後に死力を尽くした両軍は互いに健闘を称え合った。落胆で膝を突いた南アフリカ選手をニュージーランド選手が立たせ、抱擁する様子をオールブラックス公式ツイッターが公開し、「このスポーツマンシップこそ、我々がラグビーを愛する理由だ」などと感動を呼んでいる。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 世界最強クラスの両国が、ラグビーとは何たるかを示した。結果は23-13でオールブラックスに軍配。歓喜に沸く一方で南アフリカのフィフティーンは落胆を隠せなかった。その一人がWTBコルビだった。ピッチに膝を突いて俯き、敗戦を必死に受け止めようとしている様子。そんな場面に歩み寄ったのは、対戦相手であるオールブラックスのFLサベアだった。

 同じようにピッチに膝を突いて肩を抱き、顔を覗き込むようにして、何事か声をかけている。促されるように立ち上がると、コルビはサベアとがっちりと抱擁。互いに健闘を称え合い、がっちりと握手を交わして別れた。試合中は勝利を目指してぶつかり合うが、終われば、ラグビーを愛する同志に戻る。「ノーサイド」の精神をまさに体現するものだった。

 オールブラックス公式ツイッターは「リスペクト」と一言添え、実際のシーンを動画付きで公開。印象的な場面を見た海外ファンもコメント欄で感慨に浸っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集