[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「全試合を決勝と思って」 W杯15連勝、オールブラックスHCが語る“王者の覚悟”

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、プールBの初戦(横浜国際総合競技場)でニュージーランド(オールブラックス)と南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カードは、3連覇がかかるオールブラックスが23-13で勝利し、勝ち点4を獲得した。大会初戦とは思えないくらい、白熱した一戦に指揮官は「全試合を決勝と思って戦っている」と王者の覚悟を口にしている。

オールブラックスが初戦に勝利【写真:荒川祐史】
オールブラックスが初戦に勝利【写真:荒川祐史】

強豪・南アフリカに貫録勝ちもハンセンHC「修正することはたくさんある」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、プールBの初戦(横浜国際総合競技場)でニュージーランド(オールブラックス)と南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カードは、3連覇がかかるオールブラックスが23-13で勝利し、勝ち点4を獲得した。大会初戦とは思えないくらい、白熱した一戦に指揮官は「全試合を決勝と思って戦っている」と王者の覚悟を口にしている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 意地と意地がぶつかり合った。前半は南アフリカの圧力に押された。いきなりPGで先行されたが、やられっぱなしにはならないのが、オールブラックスの強さだ。PGで追いつき、相手のミスにも乗じて、連続トライでリードを一気に広げた。

 互角の攻防にも見えたのだが、スコア上は前半を終えて3-17。こうなると強い。後半も南アフリカが攻勢に出る場面もあったが、粘り強いディフェンスを続け、最後は連続PGでもう一度突き放した。

 決勝と言われても驚かないマッチアップに貫録の勝利。試合後の会見でスティーブ・ハンセン・ヘッドコーチ(HC)は「お互いに非常に興味深い試合。ニュージーランドも南アフリカも一戦目から大試合。真っ向勝負してきて、それを受けて立つことができた」と満足気に振り返りつつも、「修正することはたくさんある」と気を引き締めていた。

 これで1次リーグは29戦全勝と圧倒的な強さを見せ続けているが、ハンセンHCは「トーナメントで優勝するためには全部勝たなければならない」ときっぱり。さらに「相手もそう。ここで負けたら歴史が壊れてしまう。全試合を決勝と思って戦っていきます」と強烈な王者のプライドを口にした。

 頂点を見据えるからこそ、負けは許されない。これで2011年大会から続くW杯の連勝は15に伸びた。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集