[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の次戦相手、世界1位愛国がスコットランドと激突 エディーHCも初陣…きょうの試合

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は22日、1次リーグ3試合が行われる。注目は日本と同じA組の世界ランク1位アイルランドと同7位スコットランドの激突だ。

世界ランキング1位のアイルランド代表【写真:Getty Images】
世界ランキング1位のアイルランド代表【写真:Getty Images】

22日は1次リーグ3試合が行われる

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は22日、1次リーグ3試合が行われる。注目は日本と同じA組の世界ランク1位アイルランドと同7位スコットランドの激突だ。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 アイルランドは最高成績8強ながら、目下世界ランクは1位。伝統の堅いディフェンスを武器にして、今大会も優勝候補の一角に挙がる。18年の世界最優秀選手賞に輝いたSOジョナサン・セクストンらタレントも豊富。相手のスコットランドもW杯8強の常連で侮れないが、まずは白星発進したいところ。28日にアイルランドに挑戦する日本代表にとっても気になる試合だ。

 C組は世界ランク3位のイングランドが登場。前日本代表HCのエディー・ジョーンズ氏が率いており、日本のファンもなじみ深い存在だ。前回大会は自国開催ながら、初めて1次リーグ敗退。今大会は「死の組」に入ったが、名将エディー采配に導かれ「ラグビーの母国」の威信を示したい。対する世界15位トンガは7大会連続8度目の出場で格上相手にどこまで食い下がれるか。

 B組は世界ランク14位のイタリアが同23位のナミビアと激突。「ラグビーのアズーリ」は9大会連続9度目の出場ながら8強進出の経験なし。3連覇を目指すニュージーランド、優勝2度の南アフリカと同組となったが、番狂わせを起こすためには絶対に落とせない戦い。ボーナスポイントを含め、勝ち点5を狙いに行きたい。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集