[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「緊張で10日寝られなかった」“強気の男”田村が漏らした本音に見た、日本苦戦の理由

終わってみればボーナスポイントつきの勝ち点5を獲得しての白星スタートを切った日本代表。試合後のプレスルームでパソコンのキーボードを叩く手を、テレビから聞こえてきた選手のコメントに一瞬止めてしまった。

スタンドオフ・田村優【写真:Getty Images】
スタンドオフ・田村優【写真:Getty Images】

常に強気の発言を繰り返してきた男が漏らした極限の心理状態

 終わってみればボーナスポイントつきの勝ち点5を獲得しての白星スタートを切った日本代表。試合後のプレスルームでパソコンのキーボードを叩く手を、テレビから聞こえてきた選手のコメントに一瞬止めてしまった。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「ずっと緊張していました。緊張で10日くらい寝られなかった」

 決して不思議じゃない心理状態だが、手を止めるほど驚いたのは、その言葉の主がSO田村優だったからだ。2015年大会前から代表でプレーする田村だが、取材では常に強気の発言をしてきた。たとえば、試合5日前のコメントはこんなものだった。

「(ワールドカップで目指したい攻撃の形を聞かれて)試合を見てください」

「(前回大会の五郎丸の役割りを担うという質問に)僕、五郎丸さんじゃないので」

「(SOの出来がチームを左右すると思うが――という質問に)まずラグビーは15人でやるスポーツなんで」

 あまりにもうんざりする質問内容の影響もあったが、常に物怖じしない発言が、いまや田村のキャラクターとなっている。だが、この日は開幕戦に臨んだ心理状況を素直に語っていたのだ。

 もちろんこの日のプレーぶりを見れば、強気の発言を控えた理由がわかるはずだ。キックオフのボールを主将のFLリーチ・マイケルが捕球ミスすると、そのボールを背後のNO8姫野和樹がノックオン。そのミスが伝播したように、田村も自陣インゴールからのキックをロシア選手にチャージされ、直後のFBウィリアム・トゥポウの捕球ミスから先制トライに結び付けられた。

1 2 3

吉田宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集