[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界的名将が教えるW杯の“見方” 忖度なしの日本の可能性「本物の期待感がある」

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、あと2日と迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

オーストラリア代表監督、ニュージーランド代表アシスタントコーチを歴任したロビー・ディーンズ氏【写真:Getty Images】
オーストラリア代表監督、ニュージーランド代表アシスタントコーチを歴任したロビー・ディーンズ氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで2日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」最終回は世界的名将ロビー・ディーンズ氏が大会の見どころを語りつくす特別編

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、あと2日と迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 開幕前企画の最終回はパナソニックのロビー・ディーンズ監督に話を聞く特別編。クルセイダーズ監督としてスーパーラグビーで5度の優勝を誇り、オーストラリア代表監督、ニュージーランド代表アシスタントコーチを歴任した名将が、ファン、読者に、日本大会の見どころや注目カード、日本代表の進化を解き明かす。

 ◇ ◇ ◇

――日本大会ではどんなところが注目点でしょうか。

「まず、最初にお伝えしたいのは、ぜひ試合会場でライブでゲームを見てほしいですね。すごく感動する部分があると思います。もちろん、しっかり予習をして、どのチームを応援したいのか、そしてご自身も大会の一部になって盛り上げてほしい。

 注目チームを聞かれると、今大会は非常にユニークだと思います。過去の大会と比べて、チームの実力差が最も縮まっている大会でしょう。1987年の第1回大会から2003年の第5回大会までは、得点差の開いた試合が多かった。でも、03年を境に得点差が縮まっていて、今回はさらにその傾向が強まるでしょう。なので、すべての参加国が注目チームといえるでしょう」

――日本代表の仕上がり具合はどう評価していますか。

「疑いなくいい状態です。南アフリカ戦は敗れましたが、あの試合をやったことが日本にとってよかった。ロシア戦に向けてメンタル面、フィジカル面でいい準備をして臨めるでしょう。開幕戦は非常に観衆が多い中で、しかも1億2000万人の国民が注目する中でプレーしないといけない。そういう重圧がある中で、南アフリカ戦のような試合ができたことで、彼らにとってメンタル面の準備がしやすくなったと思います」

――アイルランド、スコットランドに勝つのは容易ではありません。

「前回大会の南アフリカ戦も、強豪相手にああいう結果がでました。ただし大事なのは目の前の試合です。次の試合だけにしっかり集中することが大事です」

1 2 3 4

吉田宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集