[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

快勝の南アフリカHCが余裕の日本称賛「2015年の勝利を日本は誇りに思うべき」

南アフリカは日本に大勝した【写真:石倉愛子】
南アフリカは日本に大勝した【写真:石倉愛子】

2人のWTBが合計5トライと大活躍、41-7と日本に隙を与えず

 ラグビー南アフリカ代表は6日、「リポビタンDチャレンジカップ2019」(熊谷ラグビー場)で日本代表と対戦。20日から始まるワールドカップ(W杯)本番前に41-7と快勝を収めた。ラッシー・エラスムスHCは試合後の会見で「W杯開幕に向けて正しい方向に進んでいる」と満足そうな笑みを浮かべた。

 試合開始直後から日本を攻め立てた。7分にWTBコルベが先制トライを決めると、WTBマピンピが22分と31分に2本のトライ。PGも決めて前半を22-0で折り返した。後半は12分にマピンピがこの日3本目のトライを決めると、20分に日本にトライを許したが、その後さらに2トライを奪うなどし、結局41-7と大勝した。

 試合後、記者会見に臨んだエラスムスHCは「スコア差が実力そのものではない」と日本に敬意を表したが、W杯初戦となる21日の強豪ニュージーランド戦に向けて確かな手応えを掴んだ様子。湿度の高い日本の気候で「試してみたかった」というキックで陣地をゲインするスタイルが成功し、「攻撃のパターンがまた一つ見えた」と大きく頷いた。

 日本には2015年のW杯で32-34と苦杯を舐めさせられた。この日の快勝で「4年前の敗戦は過去のものになったか」と質問されると、「これで私たちは50/50だということ。2015年の勝利を日本は誇りに思うべき。でも、今回は私たちがリベンジした」と“克服”宣言。「お互いにベスト8に進んで、そこでもう一度対戦したい」と“決戦”も希望した。

 過去2度のW杯優勝経験を持つ南アフリカは、2007年以来3大会ぶりの優勝を目指す。岐阜県関市を拠点をし、大会開幕までの2週間でさらにプレーの精度を高める。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集