[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ主将「強い南アとやって良かった」 開幕直前の完敗を前向きに捉える理由

ラグビー日本代表は6日、ワールドカップ(20日開幕)前の最後のテストマッチとなる「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表戦」(熊谷ラグビー場)に臨み、7-41で敗れた。4年前に奇跡の逆転勝ちを収めた相手に34点差で完敗。2週間後の本番へ向けて、不安も露呈する結果に。それでもキャプテンのリーチ・マイケルが「良かった」と強調。その理由とは?

リーチ・マイケル【写真:石倉愛子】
リーチ・マイケル【写真:石倉愛子】

世界トップクラスのレベルを痛感「強さは改めてわかった。準備としてはいい試合」

 ラグビー日本代表は6日、ワールドカップ(20日開幕)前の最後のテストマッチとなる「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表戦」(熊谷ラグビー場)に臨み、7-41で敗れた。4年前に奇跡の逆転勝ちを収めた相手に34点差で完敗。2週間後の本番へ向けて、不安も露呈する結果に。それでもキャプテンのリーチ・マイケルが「良かった」と強調。その理由とは?

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前後半合わせて6本のトライを奪われた日本。ほぼフルメンバーで臨んできた世界5位のスプリングボクスの底力に屈した格好だ。

 パシフィック・ネーションズカップ(PNC)では3連勝で8年ぶりの優勝。上り調子で迎えるワールドカップ前最後のテストマッチで喫した完敗。この一戦にはどんな意味があったのか、リーチは試合後の会見で冷静にこう語った。

「今年を振り返ってみると、徐々にステップアップしてきた。最後にティア1の強い国とやって、自分たちが何をやらなきゃいけないかはっきりわかってきた。負けてしまったが、これで自分たちが何をやらなきゃいけないか、どうやって2週間で自信を取り戻すかが大事になる」

 開幕2週前で改めて痛感させられた世界トップクラスの力。リーチは「この試合でティア1の圧力、強さは改めてわかった。準備としてはいい試合だった」と強調した。

 2週間後にはロシアとの開幕戦に臨む。果たして2週間は長いのか、短いのか。経験豊富な主将は「時間は十分あると思います。時間はある。修正能力は高い。スタッフも考えてくれるし。強い相手、南アフリカとやってよかったです」と繰り返した。修正する時間は、ある。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集