[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本代表、南アフリカに前半0-22 W杯前最後の実戦でエース福岡が負傷交代

ラグビー日本代表は6日、ワールドカップ(20日開幕)前の最後のテストマッチとなる「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表戦」(熊谷ラグビー場・19時15分キックオフ)に臨み、0-22で前半を折り返した。

先発したリーチ・マイケル【写真:石倉愛子】
先発したリーチ・マイケル【写真:石倉愛子】

20日のW杯開幕前最後のテストマッチ、4年前の再現なるか

 ラグビー日本代表は6日、ワールドカップ(20日開幕)前の最後のテストマッチとなる「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表戦」(熊谷ラグビー場・19時15分キックオフ)に臨み、0-22で前半を折り返した。

【PR】いよいよラグビーW杯開幕! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 南アフリカと言えば、4年前の2015年ワールドカップで日本代表が歴史的逆転勝利を収めた相手。世界ランク5位の南アフリカはこの日、ほぼベストメンバーと見られる布陣を用意してきた。それだけに、今大会でベスト8入りを目指す日本代表にとっては、現在地を確かめるには格好の舞台となる。

 パシフィック・ネーションズ・カップでは3戦全勝だった日本代表は主将のリーチ・マイケル、前回大会の南アフリカ戦でも活躍したWTB松島幸太朗らが名を連ねた。世界ランク5位の“スプリングボクス”こと南アフリカをホームに迎え、収容人数2万4000人の熊谷ラグビー場は超満員のファンが詰めかけ、ジェイミー・ジョセフ・ジャパンに熱い声援を送った。

 しかし前半開始早々にWTB福岡堅樹にアクシデントが発生。足を止めて座り込んでしまう。足を痛めたと見られ、4分でアタアタ・モエアキオラと交代した。すると7分には南アフリカのスクラムからの連続攻撃で最後はWTBコルベにトライを決められ、先制を許した。

 18分にはゴール前まで迫るが、密集でボールを奪われ、トライはならず。逆に22分にWTBマピンピが左隅にトライ。コンバージョンも決まりリードを広げられる。

 攻撃の手を緩めない南アフリカ。31分にはマピンピにこの日、2本目となるトライを奪われ、0-19に。さらに39分にもPGを決められて、0-22で前半を折り返した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集