[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カギは初戦のロシア戦」 8強へ、4年前の奇跡を知るホラニ龍コリニアシが強調するワケ

「鍵を握るのは初戦のロシア戦」と語るホラニ龍コリニアシ氏【写真:吉田宏】
「鍵を握るのは初戦のロシア戦」と語るホラニ龍コリニアシ氏【写真:吉田宏】

ロシアとの開幕戦が8強入りへの鍵を握る

 そのホラニ氏が実質上過去最強と評価するジェイミー・ジャパンだが、自身は果たせなかったベスト8進出という目標については、独自の視点でカギを握る試合を挙げる。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り…日本、感動をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「トップ8に入るためには、アイルランド、スコットランドから最低1勝が必要だけれど、僕は勝てると思います。でも、いちばん重要なのは、開幕戦だと思いますね。初戦で当たるロシアは曲者です。お化けみたいなチーム。何をしてくるかわからない、いちばん怖い相手だと思います。エディーさんのときも1度やりましたけど、前半はかなりやられていた。このロシアとの開幕戦でジャパンが乗れるか乗れないかが、その後の試合にも影響するはずです。ロシアどうこうよりも、自分たちのやるべきことをちゃんと明確にして、しっかりと大差で勝つ、叩き潰す。そこがすごく重要だと思う」

 8月29日に確定したワールドカップ・メンバー31人の中で、ホラニ氏が活躍を楽しみにしているのが、同じ1981年生まれで、4大会連続の出場となる“トモ”ことLOトンプソンだ。

「トモは、プレーで見られる通りの選手です。生真面目です。でも周りを楽しくしてくれるし、もちろん日本語が上手いので言葉で伝えることもたくさんありますが、それ以前に背中で引っ張ってくれる選手なんです。

 日本代表が勝つためには、こういう選手が重要です。アタックが大好きなボールキャリアはメンバーの中に沢山いますが、働く人が必要です。エディー・ジャパンには、そういう選手が多かったですね。でもボールキャリーできる選手が3、4人いるのに『僕も』ってボールを持ちたがる選手ばかりになると、もうチームは機能しなくなる。ボールキャリーは、だいたい誰でもできるんです。だから、トモみたいにボールを生かすことに徹する選手が必要なんです」

 とあるイベントで、15年大会後に現役を引退した廣瀬俊朗と会ったときも、「“おじいちゃん”すごいね! 俺たちは80分(プレーするの)は無理だよ」と2人で笑いながら、盟友の活躍に期待を込めたという。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集