[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カギは初戦のロシア戦」 8強へ、4年前の奇跡を知るホラニ龍コリニアシが強調するワケ

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、2週間あまりに迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

前回大会までNO8として活躍したホラニ龍コリニアシ氏【写真:Getty Images】
前回大会までNO8として活躍したホラニ龍コリニアシ氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで16日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第13回は前回大会までNO8として活躍したホラニ龍コリニアシ氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで、2週間あまりに迫った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

 第13回は、前回大会までNO8として活躍したホラニ龍コリニアシ氏が、日本代表にエールをおくる。前回のイングランド大会翌年で桜のジャージーを脱ぎ、今春でパナソニックでの現役生活にもピリオド打ち、チームのFWコーチに就任。現役時代は味わえなかった念願のビール片手のワールドカップ観戦で、ジェイミー・ジャパンの躍進を見届ける。

 ◇ ◇ ◇

 トンガ伝統の入れ墨の中に彫り込んだ「大和魂」の3文字が自慢と誇りだ。南太平洋のトンガ王国から、FLリーチ・マイケル主将と同じく、中学卒業後に来日した。母国の中学校ではトロンボーンを吹いていたおとなしい少年は、日本が誇る“8番”に成長して、常に桜の戦士たちを鼓舞して引っ張ってきた。

 日本大会開幕がカウントダウンに入る中で、同世代のLOトンプソン・ルークが今春から代表復帰を果たし、ワールドカップメンバーにも選ばれた。ともに4年前の快進撃を支えたホラニ氏も、日本での夢舞台に立ちたい衝動が起きてもおかしくない。出場したい思いがあるのかを聞いてみたが、その答えは予想外のものだった。

「不思議と、やりたいという気持ちがないんですよね。逆にいうと、もうファンですよ。楽しみでしようがない」

 晴れやかに笑うホラニ氏だが、実は、すでに4年前にワールドカップへの挑戦にはピリオドを打っていたのだ。

「僕は前回(のワールドカップ)が終わった時点で、みんなの前で『次はビール飲みながら応援するから』と言い切っちゃった。(最終戦の)アメリカ戦の後ですね」

 まだ他の選手に負けていないという自負はあった。だが、2大会、通算8年も満足に相手をしてやれなかった家族のことを考えると、南アフリカからの金星と大会3勝という成績は、最高の“ひと区切り”という達成感があった。自然に「応援する」というワールドカップ引退宣言が口を突いた。

1 2 3 4

吉田宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集