[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本のラグビーが主語になる」 元日本代表が考えるプロリーグ発足のポイントとは

9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会まで50日と迫った1日、東京駅八重洲地下街メイン・アベニューで「開幕50日前ラグビーワールドカップ2019日本大会展 オープニングセレモニー」が行われた。

「開幕50日前ラグビーワールドカップ2019日本大会展 オープニングセレモニー」が開催された【写真:佐藤直子】
「開幕50日前ラグビーワールドカップ2019日本大会展 オープニングセレモニー」が開催された【写真:佐藤直子】

所属チームとプロ契約の畠山「個人的にはすごくポジティブに考えている」

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会まで50日と迫った1日、東京駅八重洲地下街メイン・アベニューで「開幕50日前ラグビーワールドカップ2019日本大会展 オープニングセレモニー」が行われた。イベントには、2015年大会に日本代表選手として参戦した大野均選手(東芝ブレイブルーパス)、畠山健介選手も参加。質疑応答の際に、国内プロリーグ構想について問われるた畠山は「日本のラグビーが主語になると思っていて、それをしっかり考えて進むべき話だと思う」と話した。

 先日、日本ラグビー協会の清宮克幸副会長が都内で行われたシンポジウムに参加し、2021年秋に開幕するプロリーグ構想を明らかにした。9月20日に開幕するワールドカップの12開催都市を本拠地とするリーグで、現在のトップリーグはアマチュアリーグとして存続させる予定。ワールドカップが終わる11月頃には具体的な案を発表したいとした。

 ワールドカップ開幕まで50日となったこの日、都内で記念イベントに参加した大野は、プロリーグ発足の動きについて「ラグビー自体のレベルが上がるなら素晴らしいことだと思います」と話すと同時に、「これから実現するに向けて色々と課題は山積みだと思う」と現実的な問題を指摘。その上で「選手としては、まずいいパフォーマンスをグラウンドで見せる、それだけを念頭に置いてやっていきたいと思います」と、自身のスタンスは変わらないことを強調した。

 所属チームのサントリーでプロ選手契約をしている畠山は「個人的には、プロリーグというものに関してすごくポジティブに考えています」と歓迎の様子。その一方で、プロではなく企業の社員としてプレーしている選手の立場も思いやり、「不安な部分も多少あると思うので、11月に大枠を発表するまでに話が進む中で、チームや選手に(情報が)伝われば不安もなくなると思う」と開かれた“プロ化の過程”を希望した。

 プロ化がラグビー界の前進につながるかという話題に話が及ぶと、畠山は「この話に関しては主語が何か(が大事)だと思う」と指摘。「(僕は)日本のラグビーが主語になると思っていて、それをしっかり考えて進むべき話だと思う」と、何よりも日本ラグビー界の未来を考えたムーブメントになることを期待した。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集