[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カギを握るのは「日本人選手」 “元祖留学生”ラトゥ志南利のこだわりと理想

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで50日あまり。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

日本代表の中心選手として活躍したラトゥ志南利氏【写真:Getty Images】
日本代表の中心選手として活躍したラトゥ志南利氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで51日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第8回は留学生選手の先駆け、ラトゥ志南利氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで50日あまり。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 第8回は、第1、2、3回ワールドカップで、日本代表の中心選手として活躍したトンガ王国生まれのNO8ラトゥ志南利氏が登場。留学生選手の先駆けとして日本での活躍の道を切り開く一方で、ワールドカップでは日本生まれの選手の活躍が欠かせないと説く。日本国籍を取得してパナソニックの営業マンとして活躍しながら、日本とトンガの架け橋としてワールドカップの盛り上げにも力を注ぐ。

 ◇ ◇ ◇

 蒸し暑い平日の午後、熱い胸板にボタンが外れそうなワイシャツ姿で現れた。

 ラトウ志南利――。ラグビーファンなら「シナリ・ラトゥ」と書いたほうがピンとくる。

 大東大で“トンガ・パワー”として猛威を振るい、在学中に日本代表入りすると、桜のジャージーでもFWに留まらずチームの核として活躍。1989年のスコットランド戦では、相手選手を病院送りにするゴール前のハードタックルで28-24の大金星を大きく引き寄せた。2011年には日本国籍も取得。選手、ファンの誰からも愛称の“ビル”と呼ばれ、慕われた。日本代表の誇りも、日本人のマインドも、日本生まれの選手以上に持つ桜のジャージーの英雄だ。

「いまの仕事はパナソニックの営業です。大型空調を担当していますけど、ドーム球場などの空調システムは、三洋電機時代からいまのパナソニックでも強い分野なんです。営業でいろんなところに行きますが、どこでもラグビー関係者がいると、仕事でも助けてくれる。会うのが難しい人でも面会できたりね。ラグビーの人脈はビジネスでもすごく役立っています」

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集