[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「アホか!」とぼろくそに怒られた 平尾誠二の「熱くて、泥臭い」華麗じゃない素顔

元木氏が知る“本当の平尾誠二”とは?【写真:吉田宏】
元木氏が知る“本当の平尾誠二”とは?【写真:吉田宏】

元木氏が知る“本当の平尾誠二”とは?

 19歳の元木少年は、その華麗なステップ、柔軟かつ鋭い判断力を盗もうと平尾氏のプレーを食い入るように見続けた。「上手いなという印象でした。戦略家で、ゲームを作る能力が高かった。それにリーダーシップがありました」。その印象は、敵味方に分かれて3度戦った日本選手権でも再認識させられた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「相手の嫌がることを徹底してやってきた。それに、すごかったのはゲームの組み立てですね。どこでボールをまわすのか、キックなのか。そういう判断では、ミスはほとんどなかった」。いまならAI仕込みのラグビー・サイボーグとでもいうべきだろうか。正確で計算し尽くされたプレーを、嫌というほど見せつけられた。

 しかし、平尾誠二の本当の姿を知ったのは、元木氏が神戸製鋼入りした後のことだった。誰もがイメージする華やかで計算されたプレーは、平尾氏の表側にあらわれた50%に過ぎなかったというのだ。

「平尾さんて華麗だとか上手いとか、そういう部分が非常に表に出ていましたけど、実はむちゃくちゃ熱い人で、すごく泥臭かった。神戸製鋼の練習でも、いろんなことにチャレンジしてのミスはいいんですけど、何も考えてないプレーはすごく怒られた。『あほか!』と、もうボロカスに言われましたね。あの怒り方は半端じゃなかった。スマートさと熱さの両方を持っていたんですけど、表に出るのは9対1か8対2くらいでスマートさだった。でも本当の平尾さんは、それが五分五分だった」

 精緻な思考と冷静な判断力、そして世界レベルの高いスキル。それに加えて、滾る(たぎる)ような熱い情熱を持ち合わせていたからこそ、神戸製鋼に集まった日本トップクラスの個性的な猛者たちも、誰もが絶対的なリーダーと認めていたのだ。

 そんな“熱と知”を感じ取った上で、元木氏は選手としての平尾誠二をこう語った。

「相手を突破するような能力なら、他にも優れた選手がいた。でも、さまざまなことを考えてプレーする選手としては、やはり天才だったと思います。いいプレーヤーというのは2つ3つ先を読んでいるけれど、平尾さんはもっと先を読んでいた。判断をするスピードは、人よりものすごく早い。でも、ボール持ったときに自分の判断を人よりも断然長く遅らせられる。つまり、ぎりぎりまで判断を待てるプレーヤーでした。これができる選手は多くはない。そういう意味では、この人とやってたら大丈夫や、負けないなという安心感がありましたね」

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集