[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16年前の代表監督が残した“遺言”は活かされたのか 今、抱える日本ラグビーの問題点

「勝つことにこだわってほしい」と向井氏は語った【写真:吉田宏】
「勝つことにこだわってほしい」と向井氏は語った【写真:吉田宏】

負けてもメッセージを発信したい

 昭和を匂わす風貌の同監督だが、令和のラグビー界でもこだわるものは変わらない。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「目指すのは、相手より早く走って、相手より早く動いて、相手より早く立ち上がって、激しくやる。今のコーラは(相手防御に)穴が開いてるのに、そこを突かないようなチームになっている。開いてたら、トライを取りにいけばいい。自分で判断して行けばいいんだよ、好きなことやっていいんだと。そういう練習方法に変えました。みんな経験を積んできたラグビープレーヤーですから、練習すりゃ上手くなれます。原石を磨いてなかっただけという感じがしますね」

 昨季、トップリーグから降格したチームにも、求めるものはシンプルだ。「すべての試合で勝つことです。真剣勝負。勝つことにこだわってほしい。そして、負けてもメッセージを出すチームであってほしい。必死さとか、ディフェンスで頑張っているとか、『最後まで一生懸命やるな』という言葉がファンから返ってくるようなチームでありたい」

 英語で表現すれば、まさに「Rolling Stone」。闘争心も反骨心も、潰えない。まるで、あの世界最高峰のロックバンドのような存在だ。

 その“苔をむさない”名将は、日本代表を独自の視点で見つめる。

「個々の選手の能力が上がっているのは確かです。ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、ラファエレ・ティモシー(神戸製鋼)の両CTBと、両サイドに足の速いWTBを置いていますけど、それは内側のFWに外国人が多くなっていることが影響している。フロントラインが抜かれなくなっていることが強みになっているんです。世界の強豪とも互角にやれるようになってきた。あとは、後方に蹴られたりしたときのボール処理をどうしていくかですね。ワールドカップで戦うアイルランド、スコットランドといった欧州勢は、キックが多いチームですから」

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集