[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【廣瀬俊朗の目】世界選抜に大善戦の日本代表 「凄く効果的」と絶賛した選手は?

元日本代表主将・廣瀬俊朗氏に世界選抜戦について聞いた【写真:松橋晶子】
元日本代表主将・廣瀬俊朗氏に世界選抜戦について聞いた【写真:松橋晶子】

次戦のNZ代表戦ではさらに“日本らしい”戦いを

 0-12の前半21分。SO田村優(キヤノン)のキックパスを受けた福岡は、巧みにステップを切り、ディフェンス2人を抜き去りトライ。まさに持ち味を発揮した局面だった。

「日本が今テーマに掲げていることの一つは混とん状態での対応。アンストラクチャー(整っていない)な状況を作り出す上で、ああいう足の速い選手はすごく効果的。ボールをもっているときも、ボールを持たずに追いかける時の動きも良かった。判断もすごく良かった。以前はもう少し波がありましたが、大人になりましたね」

 トライだけでなく、しっかりとボールを前線に運び、ディフェンスでも存在感を発揮した背番号11のプレーを高く評価した。日本代表の武器を印象付ける一方で、課題は自陣からのアタックだという。

「特に日本代表は自陣22mくらいからの相手ボールのセットプレーで点をとられてしまう。いかにして自陣でのセットプレーを作らないのかを考えないといけない。そのためには、どうやって敵陣にボールを運ぶのかをもっと突き詰めて実行していきたい。また不必要な反則をしないように規律も求められる。そこからどう敵陣に入っていくのかが課題。攻守の起点であるスクラム、ラインアウトの課題も出ました」と冷静に分析した。

 日本開催で大きな期待を集める2019年ラグビーワールドカップまで1年を切った。コアメンバーは固まり、あとはいかに戦術をブラッシュアップできるのかがカギになる。

「今日の試合に満足はできないが、1試合目にしては悲観するものではない。次のオールブラックスの試合は日本らしい、今日の試合の後半のようなプレーを期待したい」。11月3日には世界ランク1位のニュージーランド代表と戦うが、日本らしさを発揮したこの日の後半のようなプレーができれば、光明も見えてくるという。

 収穫も課題も見つかった秋のテストマッチ3連戦の初戦。「ここからパフォーマンスは上がっていくと思います」と廣瀬氏。“オールブラックス”を相手にどんな試合を演じられるのか。大いなる期待をもって、見守りたい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集