[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2023年フランスW杯で期待 “ポスト福岡”、超大型の双子…TLで輝くルーキー11人衆

国内最高峰を争うトップリーグ(TL)は開幕から4節を終えてバイウイーク(1週間の休止期間)を迎えた。観客数は年間目標に掲げる総入場者数の半数にあたる30万人を突破するなど、昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会の熱気が続く中で、3年後のW杯フランス大会をめざす新たな力も台頭。序盤戦で能力を輝かせた次世代のジャパン候補たちを紹介しよう。

パナソニックの竹山晃暉【写真:荒川祐史】
パナソニックの竹山晃暉【写真:荒川祐史】

トップリーグは開幕から4節が終了、序盤戦で輝いた金の卵をクローズアップ

 国内最高峰を争うトップリーグ(TL)は開幕から4節を終えてバイウイーク(1週間の休止期間)を迎えた。観客数は年間目標に掲げる総入場者数の半数にあたる30万人を突破するなど、昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会の熱気が続く中で、3年後のW杯フランス大会をめざす新たな力も台頭。序盤戦で能力を輝かせた次世代のジャパン候補たちを紹介しよう。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 神戸製鋼コベルコスティーラーズに勝ち点差2で首位に立つパナソニックワイルドナイツで、開幕戦からいきなりスタメン入りしたのがWTB竹山晃暉だ。奈良・御所実高―帝京大と強豪校でトライゲッターとして活躍。TLでも俊足とともに光るのが、天性のスペース感覚。相手防御との間合いを読むセンスとステップワークを武器に、4試合連続でスタメン、フル出場して、ランキング4位タイの4トライを積み上げる。

 昨秋のW杯でも活躍し、TL第2節を終えた時点で7人制日本代表にシフトチェンジした同僚のWTB福岡堅樹をして「トライを獲る感覚を持っている」と言わしめる決定力。ペナルティーキック成功率100%(5PG、トライ後のコンバージョンを含めると77.8%)の“足技”も大きなアピールポイントだ。

 まさに“ポスト福岡”と期待される竹山だが、TLでの4試合で桜のジャージーを手にするための課題も浮上した。ボールを持つ回数「ボールキャリー」33回は、同じく開幕からフル出場する日本代表WTBレメキ・ロマノ・ラヴァ(ホンダ)の41回を追う位置にあるが、前進した走行距離「ゲインメーター」ではレメキの325メートルに対して竹山は185メートル、防御突破回数もレメキ25回、竹山12回と差は歴然だ。タックル回数(竹山9回、レメキ17回)も含めたスタッツから浮かび上がる課題は、コンタクトエリアでのワークレートと力強さ。相手と接点を持つプレーでの数値アップが、日本代表入りへのチャレンジポイントになる。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集