[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の16強敗退に「モヤモヤ」 松井大輔が後半の攻防に持論「本当に強いチームなら…」

サッカー日本代表は5日(日本時間6日)、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦し、1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に1-3で敗れた。グループリーグでドイツ、スペインを破って世界を驚かせ、“死の組”と呼ばれたE組を首位通過したものの、2002年日韓大会、10年南アフリカ大会、18年ロシア大会に続く4度目の“ベスト8への挑戦”は、またしてもハッピーエンドを迎えることができなかった。森保一監督率いる日本代表は、なぜこの壁を乗り越えられなかったのか。10年南アフリカW杯のパラグアイ戦(0-0、PK3-5)でベスト16の戦いを経験している元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜)が、クロアチアとの死闘を振り返った。(取材・文=藤井 雅彦)

クロアチアに敗戦し、肩を落とす日本代表【写真:ロイター】
クロアチアに敗戦し、肩を落とす日本代表【写真:ロイター】

W杯経験者の松井大輔が見たクロアチア戦、4度目のベスト8挑戦もPK戦で散る

 サッカー日本代表は5日(日本時間6日)、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦し、1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に1-3で敗れた。グループリーグでドイツ、スペインを破って世界を驚かせ、“死の組”と呼ばれたE組を首位通過したものの、2002年日韓大会、10年南アフリカ大会、18年ロシア大会に続く4度目の“ベスト8への挑戦”は、またしてもハッピーエンドを迎えることができなかった。森保一監督率いる日本代表は、なぜこの壁を乗り越えられなかったのか。10年南アフリカW杯のパラグアイ戦(0-0、PK3-5)でベスト16の戦いを経験している元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜)が、クロアチアとの死闘を振り返った。(取材・文=藤井 雅彦)

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 日本代表はまたしても、悲願のW杯ベスト8進出の夢を達成できなかった。決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦した日本はPK戦の末に敗れ、カタールW杯の舞台から姿を消した。

 元日本代表で2010年南アフリカW杯に出場した松井大輔は、無念さを滲ませながら敗因を分析する。

「PK戦での課題は選手個々が一番理解しているはず。それよりも90分で仕留めることができなかったことが、結果的に敗因になってしまいました。特にリードして迎えた後半の戦い方が、勝敗を分けたように感じます。ベスト16の壁は、低いように見えてやっぱり高かった」

 先制したのは日本だった。前半43分、相手の意表を突くショートコーナーを選択すると、MF堂安律が上げたクロスのこぼれ球をFW前田大然が左足で押し込む。思惑通りの得点に日本が歓喜に沸いた。

 しかし1-0で折り返した後半10分、クロスからイバン・ペリシッチに同点ゴールを許し、試合は振り出しに戻る。試合開始時から5バック気味のシステムで戦った日本は、どこに問題を抱えていたのか。

「先制点を決める展開と時間帯は理想的でしたが、後半は受け身に回ってしまいました。前半はしっかりビルドアップしながら攻撃を組み立てていたのに、後半はそれを自ら拒否してしまった印象が強い。リードしていたことで守備的なマインドになってしまい、その時点で延長戦やPK戦を見据えて戦っていたような気がします」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集