[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レヴァンドフスキ、PK打ち直しで得点の珍事 超細かいステップ&フェイントで誘発

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は4日(日本時間5日)、決勝トーナメント1回戦でフランスがポーランドを3-1で下し、8強進出を決めた。敗れたポーランドのFWロベルト・レヴァンドフスキは、後半アディショナルタイムで打ち直しによるPKで得点する珍事があった。

PKを決めたポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ【写真:ロイター】
PKを決めたポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ【写真:ロイター】

フランス―ポーランド戦の後半ATで起きた珍事

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は4日(日本時間5日)、決勝トーナメント1回戦でフランスがポーランドを3-1で下し、8強進出を決めた。敗れたポーランドのFWロベルト・レヴァンドフスキは、後半アディショナルタイムで打ち直しによるPKで得点する珍事があった。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 この日も左足で強烈なミドルシュートを放つなど、前線を牽引したレヴァンドフスキ。しかし、得点を奪えないままフランスに次々とゴールネットを揺らされた。それでも、後半アディショナルタイムに獲得したPKのキッカーに。かなり細やかなステップでタイミングをずらして右に打ったが、フランスGKウーゴ・ロリスに止められてしまった。

 しかし、直後に主審が笛を吹き、やり直しを指示。レヴァンドフスキのキックより早くGKが前に出たか、フランスの選手がエリア内に入ったとみられ、事なきを得た。すると、再び細かいステップを踏みながら、今度はGKの逆を突き、落ち着いてゴール左に流し込んだ。敗戦濃厚だったが、予期せぬ形で決めた今大会2点目にほっとした笑みを浮かべた。

 このまま試合に敗れたものの、レヴァンドフスキはフランスFWキリアン・エムバペと笑顔で健闘を称え合うなど、さわやかにカタールを去った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集