[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保一監督「新たな景色を皆さんに見せたい」 堂安&三笘を後半投入で奇跡の逆転劇

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本はスペインに2-1の逆転勝利を収め、2勝1敗の勝ち点6として同組1位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。試合後、森保一監督は「皆さんに新たな景色を見せたい」と語った。

日本代表の森保監督【写真:ロイター】
日本代表の森保監督【写真:ロイター】

カタールW杯・E組

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本はスペインに2-1の逆転勝利を収め、2勝1敗の勝ち点6として同組1位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。試合後、森保一監督は「皆さんに新たな景色を見せたい」と語った。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本はこれまでの2戦と違い、前半から3-5-2システムでスタート。それでも立ち上がりからスペインが圧倒的にボールを支配する展開となり、前半11分には右クロスをゴール前のFWモラタに頭で合わせられて先制点を許した。その後もスペインのパス回しに翻弄され、前半を終えた時点で支配率はスペインが78%。日本は16%と大きな差がついた。

 後半開始からMF堂安律、MF三笘薫といった攻撃的選手を投入。すると3分、前線からのチェックでボールを奪い、最後は堂安が豪快な左足シュートを突き刺して同点。さらに6分には堂安の右グラウンダークロスを三笘が折り返し、最後が田中が押し込んだ。三笘の折り返しのボールがゴールラインを割っていた可能性があるとしてVAR介入があったが、ゴールが認められた。

 1点リードとなり、スペインが逆襲の態勢を整える中、日本はFW浅野拓磨を入れ、さらにDF富安健洋、MF遠藤航も入れて守備を固めた。30分以降はスペインのほとんどの選手が日本の陣内に入って猛攻。それでも日本は粘り強い守備でしのぎきり、初戦のドイツ戦に続く逆転勝利を収めた。

 試合後、感極まった様子でインタビューエリアに現れた森保監督は「選手たちがタフに粘り強く戦ってくれた。試合を通して苦しい戦いだったが、選手たちが最後まで戦ってくれたのが良かった。応援してくれた皆さんの気持ちがつながった」と語った。

 劣勢をまたもひっくり返し、悲願のベスト8への挑戦権を得た日本。指揮官は「新たな景色を皆さんに見せたいと思います」と先を見据えた。決勝トーナメント1回戦はF組2位のクロアチアと対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集